Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
弱虫ペダル

【弱虫ペダル】528話:真波が必死に頑張っている姿に感涙!ネタバレ&感想

インターハイ最終日。

激しい優勝争いをする真波と坂道はついにゴールまで残り1キロに突入!

一方、ゴール付近で坂道の母とまさかの再会を果たした委員長は1年前からの真波の姿を
思い出した。

インターハイで負け自分を責める真波は何回も倒れるほど練習をくりかえし・・・!?

【弱虫ペダル】528話のネタバレ&サプライズ

真波は「勝たなければならない」という強迫観念から、毎日のように激しい練習をしてい
ました。

委員長はそのころ東堂と話していた。

「ひとつの真実ですか」

「そうだそれに自ら気づくまでは奴は戻らない」

「その真実を教えてあげてください!さんがくに!すぐに!」

「むろん言っているよ。何度もな」

「オレもフクも新開も。だが”聞く“と”理解する“とでは違う。聞いたものが体の中をくぐり
腑に落ちるのには日数がかかる”真波を楽にしてやりたい“その気持ちはオレたちも同じだ
よ。伝統ある王者箱根学園自転車競技部の格式あるインターハイでの敗北。しかも自ら最
終走者となって・・・。それはやつがまだ1年生あの男がその細い背中で本来背負いきれ
るものではないのだから」

そのころ真波はバランスを崩してローラー台からバランスを崩して落ちてしまいます。

東堂は委員長の元を去ろうとします。

委員長は「私は何もできません。レースも行ったけど何も言えませんでした。気の利いた
こと言えないし、自転車レースのことも正直よくわかりません。だけど何か私にできるこ
とありませんか?」といいます。

すると東堂は「話をきいてやれ。なにもかえさなくていい。うなずくだけでいい。いつも
のようにやつの駄話を」

それから委員長はそれからさんがくの話を真剣に聞きました。

くだらない話から普通の話までいろいろ。

学校でもよびとめられたら思い荷物を持っていても話をきき、どんなくだらないはなしで
も。

そしてある日、真波が「俺さ、昨日自転車乗っているときふとさひとつの・・・そうだな
ー、なんていうなー、真実にたどりついたんだ」

それはあの日東堂が言っていたことでした。

「その真実というのはとてもシンプルなことだ。人は失敗するとすぐ取り戻そうとする。
そして、必死で拭い去ろうとあわてるものだ。早く早くと結果を急ぐ。だがそうしている
間はぬぐえない。奴はまたつまづくだろう。やって気がすむまでやって力も感情も出し尽
くして空っぽになってきづくものだ。そういうことなんだよ。その日からさんがくは少しずつ変わっていった。同じ部の人からも「真波この間の部内のレースで3位だって」

「おーよかった復調してきているな。インハイ終わってから結果悪かったからな」

3年生と在校生が一緒に“追い出しレース”とかいうのが終わった帰りに会った時も元気にな
っていた。

冬のユキフル日に東堂さんに呼び出されて何とかパークウェイという道路で誰かとレースを下って日も「さんがくは長いトンネルから抜けて戻ってきた!

そして3月3年生の先輩の卒業式で在校生代表でもないのに遅刻しないで来た。

とても晴れやかな顔をしていた。

さんがくは返ってきた。

すごく自信をみなぎらせて。ボーっとした笑顔とともに。

そして場面は今に戻ります。

さんがく!

そして今たくさんの苦難を乗り越えてあなたはここにたどり着こうとしている。

インターハイ最後の日、最後のゴール近くに。

あの言葉・・・覚えている?私は今でも思い出せるよ。

「ひとつの真実にたどり着いた。あがいてももがいてもあわててもいうなれば意味のない
ことだった。積み重ねにはかなわない。シンプルなことさ。結局そういうことなんだよ。
インターハイの負けはインターハイでしか払拭できないんだ」

強い言葉。

「来るぞ先頭!」

実現させるためにこのステージに立っている私は何もできない、何もいえない。だから私
は精一杯それを応援する!!

「さんがく!!」

そして一番最初に出てきたのはさんがくでした!

【弱虫ペダル】528話の感想と次回529話の予想

真波、すごいですね。

努力型といったところでしょうか。

書いていて泣いてしまいそうになりました。

そして、ファンになりました!

坂道もいいけど真波が必死に頑張っている姿に感動しました。

そして、まじめな顔のときとぼーっとしている顔のギャップにやられました。

最初は苦手意識があった「弱虫ペダル」ですが、もうはまってしまいました。

委員長、真波のこと好きなんじゃないかなと思うシーンがしばしば。

くっついてほしいなーと思う反面、ちょっと悔しい気分です。

次号は真波の次に坂道が来て、デッドヒートを繰り広げると思います。

優勝はどっちだろう。

どっちにも勝ってほしいけど、やっぱり坂道かなぁ。

一応、主人公ですしね。

でも、真波が勝ったら私泣いちゃうかも・・・。

雪辱戦ですからね。

あんなにがんばっていたんですからね!

良い記録が出るといいですね!

次回がますます楽しみになってきましたー!!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪