Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
弱虫ペダル

【弱虫ペダル】525話:ヒメはひめなの、姫なのだー!ネタバレ&感想

インターハイ最終日、真波を追い抜き30メートル近く引き離した坂道。

そんな状況もつかの間、追い風を読み切り加速した真波にいっきに引き離されてしまい・・・?

 

【弱虫ペダル】525話のネタバレ♪

「だめだ、抜かれたのに、「恋のヒメヒメぺたんこ」が鳴り始めた」と坂道はいいます。

3日目の最後のゴールまでのこり1200メートルです。

応援者たちは真波のレースをみにきたと口々にいます。

真波はこれだけ加速したら失速するはずと真波は考えます。

応援してくれる人もいます。

「頑張れ!」や「俺は去年のインハイ身に着て総北に感動したんだ」と応援します。

つぶやきがリズムになり鼻歌を歌っています。

「アニメのオープニングテーマの「恋のヒメヒメぺったんこ」だ!」といいます。

そのリズムにあわせてペダルを踏みます。

そして坂道は「早くなるってヒメはひめなの、姫なのだー!」と真波に追いついてきます。

「わくわくするじゃねぇか」と真波は逃げます。

「やっぱり君は特別だよ!」と真波。

「大きくな荒れ魔法をかけてもヒメはヒメなの、ヒメなのだ!」

と真波に並びます。

笑顔で「真波くんすごいよ!」しかも一歩も譲らない。

ここまでほぼ1キロ全力で走って勝負はドロー。

後の残りは1キロ行った先にゴールがあります。

そして、ゴール前では女の子が帽子をかぶります。

そして知り合いのおばさんに会うのだが。。。

 

【弱虫ペダル】525話の感想♪

私も追い詰められたらアニメのいろいろな場面や歌がながれてくることがあります。

坂道ほどすごくないですが、YouTubeなどでその曲を聴くとなんかノリノリになっ
てはかどります。

とくにテンポの速い曲や頭に残りやすい曲を聞いていることが多いですね。

普段は録画したドラマを流しているのですが、たまにききたくなって再生を中止してエン
ドレスできいていたりします。

仕事がはかどるはかどる。

いまもきいています。

歌いながら。

はたから見たらへんな人ですよね。

でもはかどるならそれでいいんです。

もともとながら族なのでこういうのは得意なんですよね。

坂道もそんな感じなんじゃないでしょうか。

そうだとしたら、きっと私と同じ種族なんでしょうね。

私もオタクだし。

そういえば、ジムトレーナーから教えてもらった曲もききたいなぁ。

飽きたらかけてみよう。

ちなみにトレーナーもなかなかのオタクです。笑

 

【弱虫ペダル】次号526話の予想♪

並んだ坂道と真波はきっとデットヒートを繰り広げるでしょう。

あと1キロ。

いわゆるゾーンにはいった坂道を追い越すことは真波にもできないとおもいます。

この2人はきっといいライバルになるでしょうね。

個人優勝はぜひ坂道に撮ってほしいです。

で、全国優勝も総北にとってほしいなぁ。

まあ、希望ですけどね。

ゾーンに入った坂道はきっと優勝すると思います。

というか、してほしいです!!!

ほかのメンバーはどうなるかわかりませんが、今は坂道と真波に注目です。

フィニッシュがどちらになるかの瀬戸際ですからね。

やっぱり気になりますよね。

そういえば59巻が出るそうですね。

すごいですね。

もうすぐ60巻です。

たぶん大学まで描かれると思うので、100巻近くなるのではないでしょうか。

これから集めるのは至難の業ですね。

私は雑誌で追いかけることにします。笑

ストーリーはだいたいきいたので多分大丈夫です。

こんなおもしろいアニメ「顔が怖い人がいる」という理由見なかった私はバカです。

同じ理由で「東京喰種」もみませんでしたが、あとでマンガを読むと面白くて一気買いし
てしまいました。

先入観って怖いですね。

「絵が怖い」とか「グロテスクそう」というおもいこみで、見なかったアニメがいっぱい
あります。

あと「面白くなさそう」とか題名で決めてしまうのは辞めたいと思います。

今期もいくつかおもしろそうなアニメがあったので、できるだけ撮って1話を見てから決
めようかと思います。

もともと評判の良かったアニメはもちろん取りたいと思います。

話をもどして、今の順位を待ちまとめると

現在の順番は

真波・坂道


今泉

黒田


悠人・小毬


葦木場

3位は今泉に頑張ってほしい!!

ついにゴールが迫ってきました。

2人ともレースを楽しんでいるようでよかったです。

「楽しむ」というのは語弊がありますがレースを楽しむ2人がうらやましく思えました。

私が所属していた吹奏楽にゴールなんてないですからね。

でも、私がいた吹奏楽部は本当にチームとしてできてなかった・・・。

なんですぐやめなかったんだろう。

先輩も指導しないし、顧問もいない。

正直すぐやめるべきでした。

あんな嫌な思いをするくらいなら。

本当に最低な吹奏楽でした。

団結力とか皆無で先輩が幅をきかせていました。

真波も坂道の粘りに驚きますが認めました。

このまま、粘って1位でゴールしてほしいです。

ゴール付近のことも伝えられましたし、あっという間にゴールです。

どのちらがかつのでしょうか。

とても気になりますよね。

競り勝ってほしいです。

でもいいライバルができてよかったと思いますー♪

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪