Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
弱虫ペダル

【弱虫ペダル】522話:おめーはおめーの飛び方で行け!ネタバレ&感想

【弱虫ペダル】前号までのあらすじ♪

インターハイ最終日、坂道との優勝争いの最中、真波は先頭に追い付く前に黒田から聞い
た“昔話”を思い出していた。

泉田新キャプテンのもと再始動した箱根学園はある地方レースに出場。

そのレース中、黒田は他校の選手から不意に肘てつを受けました!!

どうなるのでしょうか???

【弱虫ペダル】522話ネタバレ!

「俺はふっとんだ。

鉄柵でこめかみんとこ切ったんだろう、すっげえ血があったかい」

「地面にたたきつけられ俺はしばらく動けなかった。時間にすれば30秒くらいだ。
俺を押したそいつのことを考えてた」

「レース自体は格式はない。草レースに近い。おれがこのまま倒れてもたぶん塔一郎かシノがとってくれる。チーム的にはそれでなんにもない。故意の危険行為はあとで申告すりゃあいい」

たちあがろうとする黒田。

「悪いな、俺は黒田雪成。」

「よっぽどしょぼかったんだな、今年のメンバー」

「箱根学園をバカにされて寝てられるほど心穏やかなやつじゃねぇんだよ。」

そして自転車に乗りほかの人の静止もきかず走りだします。

さきほどの衝撃でブラケットが違う方向を向いています。

楽者で前の3人とついて50秒から1分10秒くらいか。

こののぼり2つとゆるい下りの6キロコース。

各周で25秒づつ。

2周半ありゃ追いつく、さっきの言葉、謝らしてやるよ。

先頭3人は「本当に大丈夫かな」

「もうあれから2周半。ゴール近いけど」

「ひよるなこれはレース!つまり「闘い」だ。3人で回して俺たちがゴールをとるんだよ!
レースは熾烈な生き残りゲームだ!1人しか勝たない!80人中79人は負け」

そんなときに黒田が現れる。

「けど、今はフェアに行こうじゃねぇか!」

「うわああ!単独でケガして追いついてきたぁ」

「ハコガクをバカにしたことだ!」

「4人のゴールスプリントを制したのは箱根学園黒田雪成」

とアナウンサー。

そして「血ぃ足りねぇ」といって倒れます。

場面は変わり、「そいつが俺の“スイッチ”の話だ」

「せんぱいたちはおれにとっちゃあこがれだ。箱根学園もそうだ」

「けど去年は結果優勝じゃなかった。だから次にハコガク任された俺たちがそいつを証明しなくちゃいけないんだ」

「ケガがうずくというのが言い訳になると思うか真波?」

「ならねぇよ。なんも言い訳にはならねぇなんだよ俺たちには」

「いくぞ真波!総北に一気追いつくぞ」

「俺たちはまだまだ止まんじゃねぇぞ俺の足!」

「今年も最後お前に背負わせて悪いな真波。頼りになる。いけ、もう前出ていいぞ。おれにやり残すことたぁねぇ。あたぁおめーが大空にはばたく様を見送るだけだ。さあ、飛べよ。
後ろは気にするなおめーはおめーの飛び方で自由に走ればいい」

「けど最後おめーに一つだけなにか頼んでいいならおれの・・・3年最後のインターハイ“
最高の結果だった”て言わせてくれ!」

「はい!」

【弱虫ペダル】522話の感想♪

実は「弱虫ペダル」苦手でした。

アニメも見ていません。

理由は走っているときのある人の顔が怖すぎて、引いたからです😱

でもそのくらいしないと、インターハイや全国優勝にはなれないんですよね。

マジで厳しい世界です。

私の通った学校はインターハイに出るような強豪校ではなかったですが、私が卒業した後、いろいろスポーツで活躍したそうです。

大学の時は国体で、友達が弓道で油症したことは知っていますが、そのくらいですね。

あとはテニスのダブルスで優勝したとか。

雲の上の話です。

私自身はスポーツが苦手だったので、そういうのができる人はうらやましいです。

主人公がいじめられっ子で、秋葉原に通うくらいのオタクだってことを初めて知りました

そして、走っていた小野田坂道が部活で走っていた先輩を抜かした(しかも普通の自転車
で)ことがきっかけだそうですが、すごいですよね。

私のジムのトレーナーから「弱虫ペダル」のあらすじをきいたとき、「そんなに苦労して
いるんだ」と改めて思いました。。。

「一度おもしろいから読んでみ」と言われたので読んでみだら面白かった!!!

途中からですが読んでいきたいと思います😊

あんなに激しいトレーニングをすると、私はすぐに足がプルプルしてしまいます😭

今はインターハイなのでしょうか?

走りながらしゃべるって競技中にずいぶん余裕だな、と思いました。

でも、伝えたいことがあったのだと思います。

だから、「前に行け〜!」と言ったのだと思います。

私の家の前は急な坂道なのですが、そこをダッシュで登り切ってみたいとは思っていましたが無理でした😰

電動自転車を持っている上に住んでる人がうらやましいです。

すいすい登っていきます😝

うっかり日頃の運動不足を痛感してしまいます、、、😂

【弱虫ペダル】次号523話の予想♪

今どのようなところにいるのかわからないですが、ぜひ箱根学園には勝ってほしいです。

主人公もがんばって自転車こいでます。

託された王者ハコガクを証明できるか。

真波山岳が頂点を目指します。

さて、どうなるのでしょう。

そもそも、自転車競技って個人種目なのでしょうか?

それともチーム戦?

今回から読み始めた私の見た感じでは個人種目のようにみえます。

どちらにしろハコガクには頑張ってほしいです😤

頑張れ、ハコガク!!!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪