Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
週刊少年チャンピオン

【WORST外伝グリコ】3話:ガキのしつけは頭蓋骨たたき割るゲンコツが必要や?ネタバレ&感想

「WORST」最強の男、桜気九里虎の中学の話です。

2話は、パシリになったゼニガメがどうして九里虎のパシリになったかでした。

理由は、銭湯の覗きと女性の趣味がいっしょだということでした。

【WORST外伝グリコ】3話ネタバレ&サプライズ

ゼニガメが登校してくると中学に車で来た生徒がしました。

ほかの人たちは「アホか」といいますが乗っていたのは九里虎で「じゃーいってくるばい
。しーたん♡」

「言ってらっしゃいグリリン♡私も大学に行くね」

と出てきたのは九里虎でした。

部屋で「へーこれゼニガメの姉ちゃん?」

「そーなんです!バイト先のチラシに抜擢されたんですよ!」

「かわいいじゃねぇか。全然いてないけど」

「どーせ俺は不細工たい」

「でもこのことは九里虎さんには内緒っすよ!」

「なんでや?自分で持ってきておいて」

「自分の姉貴ですけどあのスケベ大王に狙われたら大変っすもん」

「ふーん、でも、もう手遅れやぞ」

糸電話で今の話を聞いていたようです。

「あ、ミカちゃん?今日の公園デート今度でよか?ちょっと用事があるばい。うわきじゃ
なかよ~」

電車で「なんでついてくると?」

「姉貴にゃ近寄らせないっすよ」

「なんのことね?甥はただランチをだね」

「足が見つからないからってわざわざ電車に乗ってまで隣値に行くことなかったでしょ
!」

「ソレイユホールで落語祭り」

「話をそらさないでください!

「ニシャ確か中州に用事ば」

「ないっつーの」

「ほらやっぱり鍛冶町から乗ってきた子よ。ガラ悪いわねぇ・・・」

「あの町自転車に鍵がかかってないんですって・・・。ほら、よそから持ってきたものだ
から」

「いやねぇ、うちの子たちに近づいてほしくないわ」

とほかの乗客。

天神についたので、おりることに。

「ほんと評判悪いですね」

「どーでもよかばい」

「んじゃ姉ちゃんのパチ屋は親不孝通りだったや?」

「じゃなくてご飯屋さんでしょ?」

「なんねシスコン野郎。今日は7のつく日。高設定の・・・・」

「あんた中学生でしょーが」

「あーや鎌鹿ほんとに腹減ってきたばい」

「俺のせいっすか。ったく何処まで本気なんだか」

「おおーうまそー!俺も腹減っちゃって。ね!グリコさん電車で言われたことは気にせず
いたべましょ!ね、食べたらゲーセンでも・・・」

九里虎は姿勢をただし、「いただきます」と手を合わせて食べて用意としています。

まずはお味噌汁。

ご飯、キャベツ、とバランスよく食べていきます。

「改めてみると豪快だけどきれいにたべるなーがっついているのに、がっついていないっ
つーか。この人女に対してもそうなんだろうな。魚もあんなにきれいにって・・・もうな
い。手も早いのか。」

「ってそれ俺の煮魚っすよ」

「手が止まっとるけん、いらんのやろ?」

「俺はゆっくりたべ・・・ああ!俺の温泉卵!手当たり次第に食べないでください!った
く席移ろうかな」

するとキッチンから「あいたたた」と声がします。

「大丈夫?お母さん」

「やだねぇ、年寄は身体が全然いう事きかないよ」

「ここ親子でやってるんすね」とゼニガメ。

「夜の分の仕込みなら私がやるからやすんでいてよ」

「すまないね・・・。さくら。あんたにばかり苦労かけて」

「苦労だなんて思ってないわよ。お客さんがおいしそうに食べくれればなんてことないわ」

「そうね、ありがたいね。あら、卵がもう・・・」

「よかようちょがすぐ買ってくるけん」

「いい店っすね」とゼニガメ。

するとガラの悪そうな3人組がきます。

「ここ?」

「ここ、ここ、若女将がマジ抱ける!」

「いらっしゃいませ、なににいたしましょう」とおばあさん。

「なんだよばばぁじゃん」

「どうする・・・でるか?」とゼニガメ。

「おばちゃーんここって若い女の人いるっしょ」

「え?さくらかね。今買い物にいってるよ」

「あ、ほんと!?じゃいいーじゃんここで」

すると定食屋なのに「チーズバーガー」や「ピザ」をたのみだします。

「あ、ごめんね、おばちゃん何でもいいよそれ持ってきて」とガラの悪いおとこが言
います。

「あ、あの」とゼニガメが言おうとすると九里虎が

「君たちこの金持って角の店に行きなさい」

「角の店?そこって確か・・・」

九里虎は10円を投げつけ

「ガキ共には多すぎる額ばい。そいつで駄菓子屋行ってふぃりくすがむでも山分けせえ。レディに対する態度がなってなかそれともガキのしつけは頭蓋骨たたき割るゲンコツが必要や?」

「上等だ!コラ!表出ろこの野郎!!」

九里虎は「お財布から5000円札をだし、感情場ここ置いておくけん。」

「うまかったばい。ごちそうしゃん」と笑顔で九里虎がいいます。

「あ、お客さんおつり・・・」とおばあさん。
「大丈夫ですよ。あの人はきっと受け取らないすよ。そいう言う人ですから。それじゃあ
、ごちそうさまでした」とゼニガメ。

すると桜が帰ってきて「ただいま・・・どうしたの?なにかあった?」

「まだおったとね・・・あげな九州男児が・・・」

後日、「で、兄貴に合わせるのは阻止できたのかよ?」

「それだけじゃないっすよ。あのあとその「連中のあにき分は来るしケーサツは来るし
・・。計8人が病院送りっすよ?」

「そりゃよかったな、ばってんホントバカヤローったいあのヤローは」

「つくづく住む世界が」違うんだなて思いました」とゼニガメ。

「飯食って寝ているときだけですね!こっち側なのは!」

「だははは!間違いなかばい!」と言いました。

 

【WORST外伝グリコ】3話の感想と次回4話の予想

やるときはやる男は私は好きです。

これもギャップ萌えですよね。

こんなことをできる九里虎は私は好きです。

怒らせたら怖いけど。

第4話はまた喧嘩を起こしそうですね。

またゼニガメがらみではないでしょうか?

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪