Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
週刊少年チャンピオン

【WORST外伝グリコ】2話:大関先輩の優しさにジ〜ン!ネタバレ&感想

突然地元・博多へと帰ってきた九里虎。

亡くなったかつての先輩・真樹との思い出に浸るように中学時代の回想へと・・・。

【WORST外伝グリコ】2話のネタバレ&サプライズ

学校でマージャンを打ったりタバコを吸う不良連中。

「外に行くならコーヒー買ってきてくれ。ついでにタバコも」

「鷲のマネージャー勝手につこうとるばいい度胸ばい。家庭科準備室に来い」

と鍛冶中2-A銭数正人(ぜにかぞえまさと)がいいます。

「ワシの名は・・・」

と言いかけて、いきなり「ピりりり」と火災井報知器がなります。

「なった!魔王のブザー」

銭亀と呼ばれる

「以前も以降も大魔王先輩に目つけられて悲惨な男ばい。悪魔」

「昨日も高校生5人まとめてぶっ飛ばしたいうけん。この学校、いやこの町最強の
男ばい」

「失礼しやす!」とゼニガメ。

「おう2秒遅刻ばい」

「ご用件は?」

「中華料理がたべたか!エビの気分ばい。ばってんエビチリの気分じゃなか」

「お前変わるか?この町最強の看板手に入るぜ」

「無理無理。怖いこというなや。グリやんは最強の盾と矛でおめーと同時に・・・」

「最低最悪の地雷やろーもん。近く歩いていたらいつ爆発するかわからなん上にほかの不
良どもにまで因縁付けられちまういろいろな意味で近寄りたくない地雷ったい」

「だよねざ。ゼニガメも気の毒ばい」

「えびと小松菜のピリ辛炒めっす」

「おおーうまそうばい」

そして、一味、ラー油、タバスコを一気に入れて「うまかー」といいます。

すごい辛党ですねー!😂

「なんかおもしろい話せぇ」

ほかにも「肩もめ」、「お茶」などと命令します。

そこへ大関が入ってきました。

「最近よー、見るとね。2年のゼニガメいうたか??」

「おう、なかなか使えるマネージャーばい」

「マネージャーねぇ」

「1か月も毎日毎日ご苦労なこつばい。ばってんなしてゼニガメ?」

「聞きたいか?」

「いや、特に」

「これには博多湾より深~い事情があるけん!」

「対して拭かないのう」

1か月前。「銭湯か・・」

よこしまな考えをする九里虎は空き家に入っていく男性をみつけます。

すると戦闘をのぞきみしていました。

後ろから「なんばしよっとね」と声をかけられます。

そしてのぞこうとしますが、、目当ての子が来ていないというので

「キサンのメモよこせ!」といいますが

「メモなんてしてないですよ。物的証拠をのこすほど素人じゃないんだか
ら」といいます。

「なかなか使える男ばい。出歯亀のプロか。ニシャ名は?どこの誰ね」

「なんで素げんこつ教えんといかんと。うせろ爆弾頭」

すると壁に向かってけりをくらわします。

「ニシャの名前は?どこの誰ね?」

「鍛冶中2-A銭亀正人です」

「なんやワシとと同じね。ワシは3年の花木久里虎ばい」

そこで気が付きます「噂の大魔王」と!

「おうゼニガメ。キサンの持っている情報は今日からワシとの共有財産やキサンは今日か
らワシのマネージャーばい」

それからは、マネージャという名のパシリになったゼニガメ。

「面白いマンガ感って来い!」

「G1の馬券買ってこい!」

などいろいろ命令されているようです。

「歩くのだるいばってんチャリ持ってこい」

「部屋がさみしかね、ヤシの木物故抜いてこい」

「どーしても今膿の家能安っぽいラーメンば食べたか!」

大関先輩が是のガメとの関係をききました。

「もしいやだったら拒否してもよかよ。俺が言うてやるけん」

「どーゆー理屈であの男にその可能性を感じたんや?」

「女の趣味が一緒だったんです」

「G大の荒垣唯ちゃんその子のロッカーいつも同じなんすよ」

「残念そこのには敗者があって穴が開けられなかとです。元の穴から出ものぞけませんで
した。2人でどれだけ鋭利な角度を責めても」

「ガキの頃同じことをやった経験があるたい。お前ら本当に中学生か?」

「その時ふと思ったんです。友達ができるのかなって」

「くだらねぇ。涙が出るほどに・・・」と大関先輩。

「さてと!じゃあ、情報収集(仕事)があるので帰ります」

いつもの場所に行くと後ろから九里虎が。

「今日はG大の荒垣唯ちゃんの来る日やろ?」

「え?でも車が」

「わかっとるばい」

「だからほかの場所に穴をあけても無意味…」

九里虎はいきなり車を動かしました。

「出番やゼニガメ」

「マー慌てることはなか。急ぐ旅じゃなかばい」

「はい!」とゼニガメ。

そして笑いあいながらドリルで穴をあけていました。

 

【WORST外伝グリコ】2話の感想と次回3話の予想

最初は怖いマンガかと思いました。

でも読んでいくうちにいじめとかそういう次元ではなくだんだん友情が生まれてくるのが
わかりました。

パシリでもいい関係が築けるんですね。

あと、大関先輩の優しさにジーンときました。

3話ですが、だんだん関係が変化していく九里虎とゼニガメ。

パシリは相変わらずでしょうが、またなにか問題が起きそうですね。

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪