Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オリエント

【オリエント】72話:武蔵を引き取ったのは小次郎のお父さんだった!?ネタバレ&感想

武蔵と同じ黒い鉱石を持つ謎の男・犬飼は武蔵の中に長い間探し求めて「黒曜の女神を見
つけて、武蔵に「鬼鉄刀」の素材になることを強いる。

強制的に「刀の試し」を受けさせられた武蔵は幼少期がフラッシュバック。

小次郎の父鐘巻自斎に対する過ちが武蔵の前身を黒く染め上げ、鉱石へと変貌させた!

 

【オリエント】72話のネタバレ&サプライズ

武蔵の精神世界では

「俺はどうなっちまったんだ?」

「お前は黒い鉱石になったんだ」

「黒い鉱石?」

「そうだからもう戦う必要はない。ここに隠れていよう。私はお前に死んでほしくないん
だ」

「ああ、この溶岩の底ならば逃げおおせるかもと思ったが・・・奴らの手が伸びてきた。
もはやこれまで。つかまってしまう。無念だな」

「明るいどうなっているんだ??ここは・・・?」と武蔵。

七緒が「あれ?赤毛くんまだ生きてたんです?」

「あなたは?」と武蔵。

「七緒ですが私が君を引きオ挙げたのは手違いというかですね。さっさと女神回収の任務
を終わらせたくて・・・赤毛くんが完全に黒い鉱石になるい前に穴の外へwiki上げて
しおまったというかですね」

「穴の外?ここは・・・元の場所だ!戻ってきたのか!そうだ早くいかねぇと!」

「ありがとよ!」と七緒にいますが

「え!?ありがとうなんてそんな!?」と七緒。

直感的に小次郎と愛実があぶないと思い山に向かいます。

「でも君は助けに向かっても足手まといだよ。それは友達と一緒にいるためのただの“手段”だろう」

「わかってねぇな。俺にとって“武士”っていうのはその程度のモンじゃねぇんだよ。」

「誰かにみてほしい、好きになってもらいたい・・・。どんな方法でもいいから・・・」

「あいつに石を投げろ」

「武家の生き残りなんて死んでしまえばいいんだ!」

武蔵は「俺はひどい奴だ。死んだ方がいいのは俺の方だ」

その夜武蔵は親父さんの家を訪ねました。

「ひどいことをいってごめんなさい」

「中へ入って少し座ったらどうだ?」

「はい」と武蔵。

武蔵は思いました。

「オレ何しに来たんだろう。謝って住むことじゃないのに・・・・。死ねばいいなんて
・・・言われたらどんなに悲しいか、オレがいちばんわかっているくせに。そう・・・オ
レなんか・・・生きていても何の意味もない・・・・!」

そのとき「武蔵、今日のことは気に病むな。お前は今、つらい立場に立たされているんだ
ろう?“武家”のオレや小次郎となかがよかったせいで・・・。でもおやじさんも小次郎も
なにもわるいことしてない・・・・」

「お前は初めからそういう府に接してくれるやついだったな。小次郎に最初に声をかけて
くれた時だよ!あの頃小次郎は孤独だった。今お前がされているように・・・町中から冷たく扱われて心が折れかけていたんだが・・・武蔵・・・おまえのおかげで小次郎は救わ
れたんだ。一緒に泣き、笑い、励ましあえる合える友達ができたことで人間らしくなれた
・・・・。そして俺にはそれが何よりうれしかったんだ。武蔵、お前はすごいやつなんだ
。人間2人分の心を救っている・・・・。お前は俺と小次郎の恩人だ。ありがとう」

「世界で誰にも気にかけてもらえないということはしんでいるといるの同じこと
・・・・」

「だから・・・・自分に価値がないなんて決して考えるな!俺は・・・お前に生きていて
ほしい。今までもこれからもだ!武蔵!じゃあ、おれの家に来るか?」

その後、親父さんは武蔵を鐘巻家に引き取って長い間育ててくれました。

育ち盛りが1人分増えるのは相当な苦労だったと思う。

一度だけ尋ねたことがある。

「この感謝をどうやって返せばいいか」

すると「そんなことは気にしあんくていい俺は俺のやりたいように「武士」らしく生きて
いるだけだ」

「武士らしく?」

「そうだ。心を支えてくれる大切なものに忠義を誓いながら裏切らず生きている。それが
武士の生き方だ!」

「武士の生き方!」

親父さんはその後も俺にいろいろなものをくれた。

剣術の技。

小次郎と3人での温かい暮らし、胸躍る英雄の話。

「親父さん・・・“武士”のアンタが俺の心をいかしてくれやんだ!だから俺も裏切らずそ
の道をすすむ!」

といって山にむかいます。

【オリエント】72話の感想と次回76話の予想

武蔵を引き取ったのは小次郎のお父さんだったのですね。

石を投げたりしても怒らない小次郎のお父さんはとても心が広かったんですね。

男の子だからよく食べるしよく遊ぶし、よく寝るはずなのできっと大変だったと思います。

食費もきつかったでしょうね。

でも立派に小次郎と武蔵を育て上げました。

今はどこで何をしているのでしょう?

次回は山頂で戦っている小次郎とつぐみのところへいき助けると思います。

大事な友達だったら失いたくないですからね。

急いでいってほしいです。

犬飼は恐ろしくつよいですから。

今頃、苦戦しているかもしれません。

黒曜の女神と話して、すっきりした顔をしいました。

もしかしたら黒曜の鉱石はもう出ないかもしれませんね。

そうなるといいな。😊

次回も楽しみですー!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪