Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オリエント

【オリエント】31話:武蔵を置いてきたのは正解かも!?ネタバレ&感想

武蔵は以前「鬼鉄刀」を貸してくれた犬飼に再開します。

武蔵の中に長年探し求めていた「黒曜の目が意味がいると確信した犬飼は地面をえぐり、
大麻へと武蔵を突き落とします。

武蔵は半強制的に“刀の試し”を受けることに。

一方武蔵をふもとに残しほかの武士団とともに山頂を目指す小次郎と愛実は、いよいよ鬼
神と対峙します!

 

【オリエント】31話のネタバレ&サプライズ

大東鉱山」山頂付近で小次郎たちが目にしたのは「青色鬼神・阿形・吽形」の首を落とさ
れている姿でした。

周りに人が集まりだします。

「せっかく来たのにも倒された後だってのか」と小次郎。

「いや~、この“鬼神”はまだ生きていると思うけど」とつぐみ。

「だって鬼は死んだら“鬼鉄”になるはずだもの・・・。そうなっていないのはこいつの角
がまだ折られていない証拠よ」

と愛実は説明します。

「その角はどこにあるんだ?武蔵のタメにも「鬼神」の急所を見つけていきたいが」

と小次郎は思っていました。

でも、それらしき突起は見当たらないです。

「ここにはない首の部分が生えていたんじゃねぇのか」と小次郎。

「その通り」と犬飼がいいます。

ほかの人が犬飼に刀を向けます。

「鬼神のクビのありかを吐け!角はワシが折る!さすれば手柄は我々武士団のものよ」

小次郎は「おいおい・・・こいつら鬼神が目の前にいるのに武士団同士でもめてる場合か
よ」と心の中で思います。

刀を下から上にふっただけで武士団は真っ二つに。

「オレが欲しいのは君たちの“鬼切刀”だ。そのためには死んでもらわなければ困る」
と犬飼。

みんな戦闘態勢に入りました。

「“鬼鉄刀”の力を奪うには持ち主を殺さなければならんからな・・・。外道め!そのつも
りならば受けて立つ!くらえ!」

「生きがいい素材だ!」と犬飼。

犬飼は壁をえぐるように四角く切って穴の中に人が落ちていきます。

また武蔵の時のような下には炎、壁は断崖絶壁のようなところなのでしょうか?

そうすることで“鬼鉄刀”の素材にするのでしょうね。

生きながら焼かれるって一番きつくて残酷な殺し方ですよね。

それを平気でできてしまう犬飼が恐ろしいです。

最初の印象が「好青年」だっただけに、ちょっとショックです。

こんな残忍な人だなんて!

攻撃にまきこまれるところでしたが小次郎とつぐみはなんとかかわしました。

「なんだ?こいつの強さは!尋常じゃない!」

「どうしよう小次郎」

「下がっていろ。こんなやばいやつ今のおれたちの力じゃあどうしようもねぇだろうが」

「小次郎?」犬飼が反応します。

「もしかして君が小次郎くん?」

「なんで俺の名前を知っているんだ」と小次郎は思います。

「“武士”の死は素晴らしい。肉体が滅びても魂が“鬼鉄刀”に宿り“鬼鉄”となって永遠に戦い
つづけることができる!きみもわくわくするだろう」

「こいつは・・・」とぞっとする小次郎。

「やべぇ、言っている内容は意味不明だが・・・これだけはわかる。やられる!俺のかな
う相手じゃない」と小次郎。

「なんであんなやばいやつに小次郎が狙われているの!」とつぐみ。

「そいつはつよすぎる!逃げるしかないよ!逃げろ小次郎!」

そのころ武蔵も穴の中で素材にならないように頑張っています。

小次郎やつぐみはそのことをしりません。

もし知っていたらどうなっていたでしょう。

助けに行ったのでしょうか。

たくさんの「武士団」があるというので犬飼は山頂まで登ったんだと思います。

だから、強そうな「武士団」がいそうな山頂へ行って、足手まといになるからと武蔵だけおいて、穴に突き落とされました。

もし、小次郎たちと一緒にいけば武蔵はあの大穴に落ちることもなかったと思います。

足手まといだから置いていくなんて、それって仲間っているのかなぁ、と思います。

もし、仲間なら足手まといでも心配で連れ行くと思います。

こんな考え方するの私だけなのかなぁ。

でもいろんな考えの人がいるから、一概には言えませんが、私の考え方も、小次郎やつぐ
みの考え方も正しいといえるでしょう。

それが多数派か少数派かなどうかだけだと思います。

そもそも、犬飼の目当ては武蔵の女神なのですから武蔵だけを素材にすればいいのに、と
思いますがそれをすると主人公がいなくなってしまうのでだめですよね。

やっぱり武蔵を置いてきたのは正解かもしれません。

【オリエント】31話の感想と次回32話の予想

あれから考えたのですがやはり、武蔵を置いてきたのは正解かもしれません。

足手まといとかではなく、心配だからです。

弱いから守ってあげるのではだめなのでしょうか?

たしかに、負担はかかりますし、リスクも高いです。

でも、仲間なら連れていくべきだったと思います。

次号予想では小次郎と犬飼の直接対決は避けられないと思います。

でも圧倒的に犬飼の方が実力は上なのでまた穴におとされるかもしれません。

でも、そこらへんは少年漫画らしく、ヒーローが助けてくれるんじゃないかなぁ、と邪推
してしまいます。

次回が楽しみです!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪