Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
七つの大罪

【七つの大罪】296話:他人の為に命を捨て去ったバカな男を思い出し..?ネタバレ&感想

マエルから出た四つの戒禁ができました。

戒禁とは魔神王のちからのかけら1つに集まるほどに力を増し、自我すら持つようになり
ます。

そして自我を持った戒禁はお互いに強い引力で引き寄せあいます。

今、キャメロットではメリオダスが5つのメリオダスが5つの戒禁を取り込んでいます。

全部の戒禁がそろえばメリオダスは本当に魔神王になってしまいます。

そして、終結する十の戒禁。

そう、恋人のためなら手段は選ばない。

闇に染まりし、メリオダス復活してしまいます!!

 

【七つの大罪】296話のネタバレ♪

「新たなる魔神王の誕生だー!」

原初の魔神が声を上げます。

共鳴した戒禁が集結し、ゼルドリスは不敵な笑みを浮かべる。。。

みんなが最悪の展開だと焦っているところ、マーリンが

『諦めるには早急すぎる!』

と呪文を唱え始めます。

 

すると原初の魔神がマーリンの魔法に気付いてしまいます。

「禁呪、、、時の棺(クロノ・コフィン)」

「繭の時間を停止させるつもりか、、、!」

「させんぞ!」

ゼルドリスと原初の魔神がマーリンを止めに入ります。

そこへエスカノールとキングがマーリンを守る。

「私に時間をくれー!!!」

マーリンはエスカノールとキングに時間稼ぎを頼みます。

「なにもかも終わりだな、、、」

リュドシエルは吐き捨てる様につぶやきます。

「まさか、あの女が時間停止をも操るとは驚いたが、術が完成する前に殺されるのは目に見えている!」

エスカノールには原初の魔神を止めるほどの余力は残っていないと伝えます。

「メリオダスが魔神王として目醒めれば、我々の敗北は決定する」

リュドシエルは最高神様がいないから戦う手段はないと言う。

ヘンドリクセン:「そんな弱気でどうするのだ!」

リュドシエル:「三千年前も女神族は人間を励まし導いたと教えられてきた」

「人間たちに慕われ、信仰を受けのぼせ上がっていた」

「尊大で自信に満ち、他者を駒としか思わぬ四大天使リュドシエル」

 

ヘンドリクセン:「すべては聖戦に勝利するためだ!!!」

それを聞き、拳を握りしめるリュドシエル。

ヘンドリクセン:「何をしてでもギルサンダーとマーガレットを救わねばならなかった。それが二人の運命を弄んだことへの贖罪だ」

リュドシエルは自分に心酔する者がまだいた事に有頂天になっていたと振り返ります。

ヘンドリクセン:「私は、、、あなたを今も尊敬し崇拝していますよ」

と力尽きるように座り込みうっすら笑みを浮かべます。

リュドシエルはそんなセリフに騙さてたまるか!と顔をそむけてしまいます。

 

ヘンドリクセン:「あなたは懸命に人間を勝利に導こうとしてくれた、、、!」

 

弟の生存を知り慌てふためくヘンドリクセンに、正直すぎるほど色々話し過ぎだと突っ込むリュドシエル。

ヘンドリクセンは、リュドシエルが我々と同じ完璧ではない存在だとわかり、そんなところがもっと好きになったんだと告げます。

リュドシエル:「私にそう言う趣味は無い!」

と言い放つが、ヘンドリクセンは自分もそんな気はさらさら無いと言い返します。

 

ヘンドリクセン:「あなたを崇拝するドルイドではなく…一人の友としてお願いします…」

リュドシエルは「覚悟しろよ!」と言った後、『健やかなれー!』と呪文を唱え、なんとヘンドリクセンを回復させたのです!

ヘンドリクセンは驚きました。

そしてリュドシエルはこう言いました。

「お前ごときの器では、出せる力もだせんわ」

「かつて私にも友がいた、、、お前と同じくお人好しで」

「他人のために命を捨て去ったバカな男が、、、」

「、、、ヘンドリクセン死ぬなよ!」

と昔を振り返りながら感慨深そうにヘンドリクセンに語りかけました。

(この辺のやり取りはすごく良い所なのでマンガで読んでね♪)

 

「さっさと、呪文を完成させろ!!!」

「、、、器なき状態で精神体(このからだ)がいつまで保つか、保証はできぬがー!」

「こいつを、、、足止めする程度のことなら保証してやらんでもない!!!」

そしてリュドシエルが現れマーリンを守るのです。

吹き飛ばされながらエスカノールは、自分には誰かを護るなんておこがましいにもほどがあったと泣いてしまいます。

エスカノールは「僕の、、、この命を、、、太陽を引き換えにしてもかまわない。誰でもいい、どうか、、、団長を、、、マーリンを、、、救って、、、、、」と心の中で祈ります。

最後は

「エスカノール…まさか、こんな形で再会しようとは…」

「…これも『太陽』の導きでしょうか…」

エスカノールに駆け付けた最強の四大天使、マエルに助けられるところで今週号は終わっています。

 

【七つの大罪】296話の感想♪

今週号の見どころはやっぱり、リュドシエルとヘンドリクセンのやり取りではないでしょうか?

特にリュドシエルが昔を振り返りながら、感慨深そうにヘンドリクセンに語りかけたシーンが心に響きました!

最強の四大天使、マエルに助けられたあとは一体どんな展開になっていくのでしょうか?

次号が楽しみです!!

 

 

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪