Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
もういっぽん

【もういっぽん!】14話:一気に畳みかけるチャンスか!?ネタバレ&感想

インターハイ埼玉予選2回戦青葉西高校対霞ヶ丘高校。

青葉西の先鋒・早苗は霞ヶ丘の先鋒妹尾の速攻を返しきれず黒星を喫してしまいます。

連敗すると敗退が決まってしまう青葉西の中堅は永遠。

中学時代の先鋒天音を相手にどのような戦いを見せるのか?

【もういっぽん!】14話のネタバレ&サプライズ

永遠と天音の戦いはどちらが勝ってもかまけてもおかしくない状況。

その状況を擬音でしかあらわせない未知。

応援をするのをわすれるくらいの迫力。

「応援しなきゃ」と言われて謝る未知。

「2人の試合があまりにもかっこいいもんでつい・・・」

2人の試合は技の掛け合いでした。

顧問の先生は「試合時間1分半を過ぎて両者ノーポイントなのが不思議なくらいだね。ど
っちがいつ獲ってもおかしくないくらい鋭く責め合っている」

未知が「あれ?でもなかなか袖持たされてもらえなくなったね」

「しっかりつかまないと技掛けられないよ」

「大丈夫。氷浦ならきっとかくほしている襟だけでも繰り出すよ」

永遠は「いけるここから右の一本背負い」

「みくだして笑ってたんだって恵梨香がいってたよ」

という永遠の邪念が、腕をつかまれ技ありになってしまいしました。

相手側は「天ね―さん。相手ビビっている一気に畳みかけるチャンスです!」

審判が「待て」といいます。

開始線に戻って服装を正して早く

そして未知が声を賭けます。

「いつもどおりいこ!いつもどおりの永遠ちゃんで!ね!」と笑顔で話しかけます。

「そ、そう!青西柔道部のとわちゃんで!」

相手側も「恵梨香いったん落ち着こう。いつも通りやれば勝てるよ」といいます。

そして、「はじめ!」

の声で永遠は「ありがと未知さん、早苗さん。

でも、でも、やっぱり謝りたい。

天音さんの代わりに選ばれた団体戦でふがいない試合ばかりしてしまったこと。

自分のふがいなさを棚に上げて氷浦を追い込んでしまったこと。

あの時の弱い自分が悔しくて情けなくて。

だから青葉西にきて、(霞ヶ丘にきて)少しだけ強くなった(変われた)かもしれない今
の自分でもう1度今度こそ今の天音さんをこえてみせて(今の氷浦を超えてみせて)笑っ
て仲直りしたいと2人ともおもっていました。

ラスト10秒になりました。

いざ、勝負です。

言葉より行動で示した方がわかることもありますよね。

私はこんな大きな大会に出たことはないのでわかりませんがすごいプレシャーだと思いま
す。

そんな時に因縁の相手に会って普通でいられる方がおかしいと思います。

私も空手をやったことはありますが学校の授業だったのでもう覚えていませんし、大会に
も出たことはありません。

柔道とは関係ないですが、グランプリに出たときは、2日前まで胃がキリキリ痛み、「も
う嫌だ」と母に何回も泣きつきました。

でも前の日になると腹をくくることができました。

でも、なかなか寝付けず、睡眠薬を久しぶりにのんで寝ました。

大きな大会なんて私はそのくらいです。

20代も半ばにさしかかろうというのに受験以外で緊張する場面がその1回だけというのも
おかしな話ですよね。

私もなにか運動(格闘技)を始めようかなと思いました。

とはいっても、夜にであるくのはちょっと怖いし、周りにそういうところがないので、ど
うしようかと迷っています。

友達が空手をやっていたようで、よく大会にでていました。

やっぱり緊張したのかな。

今度、本人に聞いていてみたいと思います。

とはいっても、なかなかあえないんですけどね。

【もういっぽん!】14話の感想と次回15話の予想

お互い、謝りたかったんですね。

ちょっとした言葉の意味の取り違いで、きっと誤解をお互いしてしまったのでしょうね。

そういうことは人生の名赤で結構あることがあると思います。

私は学生時代には何回は言葉足らずで、相手を怒らせたり、悲しませたりしたことがあっ
たと思います。

大人になってからは、逆にあまり人と関われなかったので、ちょっと後悔しています。

多分これからもメールやラインでのやりとりになってしまうと思います。

でもそれじゃあ、だめなんですよね。

積極的に外に出ないと、といつもおもっていますが、今回の天音先輩と永遠のようになら
ないか不安で怖いです。

ラスト10秒、きっと永遠が勝ちます。

あれだけ悔しい思いをしてここで負けたら、元も子もないですから。

でもそれは天音先輩にも言えますよね。

ラスト10秒。

どうなるのでしょう。

最後の絵は永遠がとびかかっている構図になっているので永遠が勝負をかけてくると思い
ます。

それを天音先輩がどう受けるか、またどう返すのか。

楽しみですね。

とうとう中堅の勝負が付きます。

ここで、永遠が負ければ、青葉西は負けてしまいます。

まさに「負けられない戦いにある」ですね。

ぜひ青葉西に勝ってほしいです。

そしてできれば、背負い投げで勝ってほしいです!

そしたらお互いすっきりしますし、あと腐れなく仲直りできると思います。

次回が楽しみですー!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪