Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
少年マガジンエッジ

淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編 2話:俺達真剣に付き合っています!

「淫らな青ちゃんは勉強ができない 大人編」第1話のおさらい

青の部屋のチャイムを鳴らしていた人物に声をかける。

「あの、その部屋に何か御用ですか?」

すると…

「…あなた、木嶋さん?」

振り返った人物は妙齢の美しい女性だった。

「え!! はい、なんで俺の名前…」

尋ねる拓海に、大家だと名乗る女性。

大丈夫だから来ていいと青に声をかける。

そして、青に女性を紹介する。

「こちら大家さんの…」

「堀江です」

女性は遮って自己紹介した。

え? 堀江?

驚いた顔をする青。

「驚いたときに口を開くのはやめなさい」

慌てて買い出しに行こうとする青を、女性は捕まえる。

「人の顔見て逃げ出すなんて何考えてるの…」

「あの…あなたは一体…」

「私、大家の堀江志緒美、青の母です」

さて、今月号は2話&3話連続です!

どんな展開になっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

「淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編」第2話のネタバレ&サプライズ

びっくりする木嶋に青のお母さんが

「あなたは木嶋拓海さん?」

びっくりして付き合っていることをいう木嶋。

すると値踏みするような眼で

「あなた大学・・・学部は?」ときかれます。

そこに青が来てプライベートな事はきかないでほしい!とお母さんを叱ります。

おかあさんは「勝手に調べるよりいいでしょう」と悪びれる様子もない状態。

木嶋はこれは青とつりあっているかどうかを見定めているのではないかと勘ぐります。

木嶋は青にあっているのか?と自問自答します。

するとおかあさんが「なんでだまっているの?」と答えを促します。

いきなり「まさか小説家を目指しているんじゃ・・・」とおかあさんが早とちりします。

「めざしてません」と答える木嶋。

するとおかあさんが「いい・・・高学歴で官能小説家を目指す男は恋人との体験を全部ネタにしちゃうのよ~。おかあさんずっとネタにされていたのい知ってたでしょう?」と泣きながら言います。

「青を使ってとんでもないことをしようとしているのよ!」といいだします。

そして、「私は学生の間に手を出す男なんて認めないから!!」といいます。

青のおかあさんは小さい頃あまり家にいなかったようで、そして最後に「おかあさん
がおとうさんのこと悪く言わないで!」といいます。

そして堰を切ったかのように「急に出てきて色々いわないでよ。拓海くんのことも!少し
話したくらいで人の事解る訳無いでしょ!」といいます

おかあさんに真剣に付き合っていることを必死に伝える青。

すると「おかあさんなんて呼ばれる筋合いないわ」といって出ていきました。

家に帰るとおかあさんは青の小さい頃の写真を見ながら「赤ちゃんの時はバブーしかいわなくなったのにかわいくないよおおお」といいますが「うそ、かわいい。間に合わないか
もしれないけど私、おかあさんがしたい」と独り言をいいます。

スマホがなり、取るとおとうさん(夫)からでした。

内容は「久々にあった親子の感想」でした。

おかあさんは青が小さい頃は海外にいたようですね。

「別に大丈夫よ。子どもは親のいう事を聞くものよ。」

「そんなこというからきらわれるんじゃい」といわます。

「え・・・・」本気で落ち込むおかあさん。

冗談だと伝えると電話をきりました。

一方、おとうさんは「しおみは相変わらずツンデレじゃーい」といっていました。

「ツンデレ同士上手く行くかのう」とおとうさん。

これからおかあさんと青のメンドクサイ女子が2人もいて和解は遠いかもしれないです
ね。😅

「淫らな青ちゃんは勉強ができない 大人編」第2話の感想と第3話の予想

「淫らな」と書いてあったので結構覚悟を決めて読んでいましたが、あまりエッチなとこ
ろは出てきませんでした。😳

当たり前ですね!😝

いますよね、高学歴でダメンズ。

私にもいました。

今は高学歴とかは気にしていませんが、やっぱりフィーリングですね。

自分にあっているとかあっていないとかは2の次ですね。

学歴とか関係ないです!

それは自分が目指した道なのできっと後悔はしないはずです。

その点、青と木嶋はフィーリングよさそうですよね。

そんなに長く付き合っているようには見えませんでしたが、初々しいカップルで眼に優し
いです。

いままでの漫画のカップルはどこかとんでたり、おかしかったりなんか違う感じでしたが
、青と木崎のカップルはかわいいかんじです!☺

でも、おかあさんはあんな夫(官能小説家)だから、あんな事言うのでしょうか?

そして木崎の「あの、おかあさん俺達真剣に付き合っています!」と言うところかっこいい
ですね!

最近の学生には見れないくらいきっぱりといいきってとてもすっきりしました。

強がりなおかあさんはきっと青の事が心配なんでしょうね。。。

次号予告ですがちょっと心配な木嶋が「暫くはおかあさんのいう事をきこう」といいます

でも青は「そんなこと気にすることない」といいます。

きっと木嶋はピュアなんでしょうね。

ピュアすぎる男性もどうかと思いますが、青の事を大切に思っているのでしょうね。

でも木嶋はピュアすぎです。

大切に思うのはわかるし、そうしてほしいんですが実は女性(青)もまんざらじゃない気
もします。

こんな素敵な彼氏がいるんですからもっとモーションかけていってもいいと思います。

ちょっと挑発的な服装とか、普段は見せない服や髪形など。

女性はメイクとファッションでいくらでも変えられますからね。

それを期待しましょう。

実は、青もエッチしたかったんじゃないかなー、と私は思います。

女性も人間ですからね。

三大欲求はあるのできっと結ばれる日が来て欲しいと思います。

でも、女性(青)の意見も聞いてほしいですね。

おたがいの意見をきいて、できれば女性の意見を取ってほしいです!

でもどこか妥協点をみつけないといけないかもしれません。

男性と女性じゃあ、やっぱり考え方がちがいますからね。

うーん・・・。

逆に青はそれなりに経験をしていそうですよね。

おとうさんが官能小説家だし、家に官能小説も並べてありそうだし、そうしう資料もあっ
て、そこで小さい頃から自然と性に関して奔放とまでは行かなくてもオープンな感じが
します。🤩

ご飯時にもエッチな単語がとびかったりしてそうですよね。

そのせいか、青は「普通の家庭はそういうもんだ」と思い込みそうです??

第3話も気になりますねー!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪