Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃 147話のネタバレ:腕を斬り落としてからのスピード感と緊張感がたまらない!(ジャンプ2/25発売号)

【鬼滅の刃】146話のおさらい&見どころ

頚を斬られた獪岳は落下しながら悔しがり、善逸も共に死ぬから負けていない、と思います。

そこに愈史郎が現れ、独りで死ぬのは惨めだな、と獪岳に言い捨て、善逸を救助して去ります。

三途の川と思しき河原の対岸で師匠に会い、獪岳と仲良くできなかったこと、恩返しができなかったこと、師匠が生きているうちに柱になれなかったことを謝る善逸に、

「お前は儂の誇りじゃ」

と、師匠は涙を流しました。

そして目を覚ました善逸は愈史郎に治療されており、善逸の周囲を守る隊士たちに「絶対助かる」と声援を送られます。

一方、義勇と炭治郎は轟音に足を止めると、天井を破って鬼が落ちてきました。

その鬼は、煉獄の仇である上弦の参、猗窩座でした。

「猗窩座ァァアアア!!」

と、炭治郎は怒りに目を見開いて怒鳴りました。

スポンサーリンク

 

【鬼滅の刃】147話のネタバレ&サプライズ

輝利哉は、家族を想い涙が零れそうになる妹に「泣くな。絶対に手を止めるな。私たちは負けない」と振り返りもせず静かに叱りました。

その部屋の外では、煉獄槇寿郎、宇髄天元が正座をして部屋を守っていました。

「輝利哉さまはご立派なことだ。父を亡くされた心痛も癒えぬ中、鬼殺隊の指揮を執り、己の使命を果たさんとしておられる。なあ、煉獄さんよ」

と天元が言い、

「…そうだよ。年端もゆかぬ子供たちが、これ程我が身を奮い立てているのだ。私も杏寿郎同様、煉獄家の名に恥じぬよう、命を賭してお守りする」

と、槇寿郎が静かに闘志を燃やしました。

鱗滝は脂汗を流して寝込んでいる禰豆子の汗を拭い、珠世に貰った薬を使ったが、と、

「果たして禰豆子は、人間に戻れるのだろうか」

そう考えます。

「禰豆子が人間に戻れば、無惨の目論見は潰える。千年以上かけて探し続けて来た完全体の夢、太陽の克服はふりだしに戻る。日光で消滅しない鬼は、この長い年月で禰豆子一人だけ」

と一人で考える鱗滝の心臓が、ドクンドクンと鳴り、手に力がこもります。

深呼吸をした鱗滝は、「最終局面とう言葉が何度も頭を過ぎる」と汗を流します。

この長い戦いが今夜終わるかもしれない、まさかそこに自分が生きて立ちあおうとは、と言い、鱗滝は炭治郎が初めて自分のもとへやってきた時を思い出します。

炭治郎が鬼になった禰豆子を連れて来た時から、何か大きな歯車が回り始めた気がする、と思う鱗滝。

「負けるな、禰豆子。負けるな、炭治郎。絶対に負けるな」

猗窩座は炭治郎に向かって跳躍し、炭治郎は「ヒノカミ神楽 火車」でぐるりと宙返りをしながら、炎を纏った刀で猗窩座の腕を斬り落とそうとしました。

腕ぐらい木斬れなきゃ頚なんて斬れない、と力を込める炭治郎を、義勇が息を呑んで見つめます。

そして炭治郎が声にならない声で叫ぶと、猗窩座の腕が斬り落とされ、血が弧を描きました。

「斬れた!!攻撃も躱せた、通用する戦える。首は狙えなかった!けど次は…」

と炭治郎が振り向くと、すぐ目の前に猗窩座の裏拳が迫っていました。

歯を食いしばる炭治郎が「ヒノカミ神楽 幻日虹」を使うと、炎とともに炭治郎の姿が消え、猗窩座の拳は空を切ります。

目を見開く猗窩座の背後に炭治郎が降り立ち振り返ると、猗窩座の顔に斜めの切り傷が走りました。

それを見ていた義勇は、「格段に技が練り上げられている」と目を見開きます。

振り向いた猗窩座の顔の傷は即座に癒え、炭治郎は「フゥ――ッ」と威嚇するように息をします。

「お前のその実力は、柱に届くと言っても過言ではない」

と、義勇は静かに考え、上弦の参を相手にこれ程、と戦きます。

「あの日、雪の日で絶望し、頭を垂れ、涙を流しながら妹の命乞いをするしかなかったお前が。戦えるようになった。命を、尊厳を、奪われないために」

義勇は初めて炭治郎に出会った日を思い出し、泣き出しそうに眉根を寄せます。

「“この少年は弱くない、侮辱するな”。杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう。お前は確かに弱くなかった。敬意を表する」

と猗窩座が炭治郎に言い、地面を踏み抜き、術式展開しました。

「さあ、始めようか。宴の時間だ」

猗窩座は笑みを浮かべ、本気の構えを見せました。

 

【鬼滅の刃】147話の感想と次回148話の予想

鱗滝さんと義勇さんが炭治郎とだったころのことを思い出し、最終決戦目の前、という雰囲気を出してきました。

初期から追っていると、本当に炭治郎、強くなったなぁと親のような目線になってしまいます。

そして猗窩座との戦いは、腕を斬り落としてからのスピード感と緊張感が素晴らしかったです。

次回は本気を出した猗窩座と対戦し、よりスピード感のある戦いを見せてくれると思います。

次週もそれぞれの戦いに期待しています。

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪