Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
週刊少年ジャンプ

【鬼滅の刃】140話:いざ無限城へ!!その先で待つ鬼とは?ネタバレ&感想 

前回、散り散りにされた炭治郎たちと柱の面々。

追いやられた無限城(ジャンプ表紙でこのような呼ばれ方をしていたためそう呼んでいます)で彼らは生き延びることが出来るのか!?

そして無惨に復讐を果たすことは出来るのか!?

これからの展開に期待の一話となっています!

 

鬼滅の刃 第139話のおさらい&みどころ

冒頭は悲鳴嶼の回想から入ります。

「君が人を守るために戦ったのだと私は知っているよ。君は人殺しではない」

欲しくてやまない言葉をかけてくれるお館様の荘厳さは出会ってから死ぬまで変わることはなかったといいます。

そして、産屋敷の一族には先見の明という未来を見通す力が代々備わっていたそうで、それにより無惨が来ることも直感していました。

他の子供たちでは自分を囮に使うことを許さないと思ったお館様は悲鳴嶼にのみ今回の事を頼みます。

その先見の明でお館様は無惨は首を切っても死なないということも直感していました。

その直感は当たり、吹き飛ばされた頭は瞬く間に再生します。

血鬼術で悲鳴嶼を縛り付けようとする無惨。

それを回避したところで次々に柱たちと炭治郎が集結します。

「あれが・・・鬼舞辻、無惨!?」

身動きの取れない鬼を見て、全員がその青年こそが無惨だと確信します。

そして、全員の集中攻撃が無惨に吸い込まれる・・・ように見えた瞬間でした。

柱たちが自分の周りに集まったのを確認し、無惨は自分の周囲の地面にふすまの付いた小さな部屋を創り出します。

「目障りな鬼狩り共!今宵皆殺しにしてやろう!」

何もできずに落ちていく柱たち。その中で炭治郎は叫びます。

「地獄に行くのはお前だ無惨!絶対に逃がさない!必ず倒す!」

「やってみろ!できるものなら!竈門!炭治郎!」

ここまでが先週号の内容です!

 

鬼滅の刃 第140話のネタバレ&サプライズ

落下していく中で、炭治郎は底に叩きつけられない様に技を繰り返し出して軌道を変えようとしますが、落下の圧で踏ん張りが利かずそのまま落ちていきます。

そこに途中の階から義勇が手を伸ばし、内側へと引っ張る事で建物へと入り落下による怪我は防げます。

義勇に自分の安否を伝え、お礼を言おうとした瞬間、今度は背後から鬼に襲われます。

鬼自体の首はすぐに切り落とすものの、その後ろからも何体もの鬼がやってきます。

それをいなすと同時に義勇が炭治郎の元へと駆け寄ります。

義勇はその数瞬で鬼を倒すだけでなく、炭治郎の出す技を把握してお互いに切り合わない様に動いていたのです。

それにややショックを受ける炭治郎。その後、二人は共に行動していきます。

甘露寺を守るように闘う伊黒に甘露寺は相も変わらず黄色い悲鳴をあげています。

こちらも二人で行動をしていくようです。

次は悲鳴嶼と時透でした。

鬼を倒しながら進み、更にこの鬼たちが下弦程度の力を持たされており、こちらを消耗させようとしてるということにも気づきます。

「お館様は?」

「一足先に逝かれた。堂々たる最期だった」

時透の質問に短く答える悲鳴嶼。

自らおとりになった事も察し、時透の心には怒りが満ち溢れます。

シーンが変わり、不死川が一人で畳の上で正座をしていました。

その心の中ではお館様について巡らせています。

襲ってくる鬼を瞬時に切り捨てますが、その眼には涙が流れていました。

残りの弦弥、伊之助、善逸、しのぶはそれぞれひとりで行動していました。

中でも、善逸は使命感を持って走っているようでした。

「許さない・・・アイツを・・・絶対に許さない」

しのぶは縁側のような場所を歩いていました。

そのまま横にある鉄の扉を開けると中には大量の少女の死体が転がっていました。

「あれぇ来たの?わあ、女の子だね!」

喜びながらこちらを振り返ったのは童磨でした。

その口元は血で汚れており、死体の右腕を貪っていました。

その姿に不快感を示すしのぶ。

ここまでで今週号は終わっています!

鬼滅の刃 第140話の感想と次回の予想

無限城に入り、それぞれ共に行動する組み合わせと心情が分かったというのが今回のお話でした。

特に注目したいのは善逸、しのぶ、不死川です!

涙を流している不死川とお館様との詳しい関係性も気になりますし、善逸のいう許せない相手とは誰なのかもキーポイントになりそうですね?

また、この中に何人の上弦の鬼がいるかはわかりませんが、しのぶはすでに会敵しているのでこれから一人で闘うとしたら相当にきつい戦いになるのではないでしょうか・・・?

まだ詳しい戦いが描かれていない面々や、修行した後の力がどのようになっているのか分からない人たちもいるので、それらの描写にも期待したいと思いますー!!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪