Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ヒットマン

【ヒットマン】29話:完全に負けポジションのサブヒロイン!?ネタバレ&感想

【ヒットマン】前回28話のおさらい

剣崎が所属する週マガ編集部がついに本科的に始動!

そんな中、翼から剣崎宛に1本の電話が・・・北上と剣崎のやり取りを聞いてしまった翼は体調不良と締め切りの延長を言い出すことができず電話を断念。

しかし剣崎は翼の変化に気づき彼女の家までお見舞いへ、翼は安心からか玄関で倒れかけるが、漢剣崎お姫様抱っこをしようとするも、頭から落とすという失敗を!笑

なんやかんやありつつも、さっきの電話の時の会話が気になる翼、つい別担当の先生は良いのかと聞いてしまう。

剣崎は「小鳥遊先生の心配をしたらダメか?」と質問を返す。

その言葉に素直に甘えるようになった翼は原稿を手伝ってほしいと持ち掛ける。

そんな、ラブコメ真っ最中の裏では、新編集長北上・次長の八神との転嫁を分ける戦いが始まっていた。

しかし八神はぽっろと「いや・・三国志かもしれんぞ・・・」と言葉を残すが。。。

 

【ヒットマン】29話のネタバレ

剣崎はふとホワイトボードに目を向けると、そこには妙な光景が・・・

編集長の北上や次長の八神、その他の実力のあるメンバーがこぞって会議と書かれていた。

その会議の内容は「打ち切り会議」・・・

北上はその会議で3作品の名前を提示するが、八神はそのうちの1作品のスポーツ作品は打ち切りにはできないと言う。

スポーツものの作品はじわじわ売上が上がるもの、だからここで打ち切りを決めるのは早すぎる。

北上が連れてきた、剣崎が担当している島風の結果を見てからでも遅くはないと・・・

そんなやり取りがされていることも露知らずの、島風は一人自分の部屋でこの前の剣崎と翼のやり取りを思い出していた。

そして放った言葉は

 

「うち完全に負けポジションのサブヒロインじゃない!?」

 

全くこの温度差である。

 

このままだといつか翼にメインヒロイン・・・じゃなく剣崎を取られると思った島風は、どうにかこの流れを断ち切ろうとアイディアを考えていく。

そして考えたアイディアの1つエロのインパクトの為にシャワーを浴びている最中に剣崎が島風の部屋に打ち合わせにやってきた。

鍵も開いていた為、中を確認する剣崎だがシャワーの音がするためその場を離れようとするが、島風はタオル一枚でそれを逃さず、その姿を見せつつも剣崎にビンタを飛ばす!(なんて理不尽な・・・😱)

そしてここから、妄想という名の作戦が開始される。

地元である広島で昔出会っている設定を作り出そうとし家族とうまくいってないんだと、剣崎に伝えるも、前者はうやむや、後者にいたっては話している途中に家族から電話がかかってきて仲が良いことがばれる始末。。。

もう一体何がしたいんだ!😂

挙句の果てには、翼に剣崎を取られてしまうメインヒロインになれないと泣き喚きだすが、朴念仁剣崎「ホンマホンマ…それにしても変わってんぁお前・・・島風みたいな奴ヒロインにしたら案外面白いかも・・・」と殺し文句を使いだす。

しかし、天才作家島風この一言で自分で無意識にヒロイン増を限定していたことに気づき自分の作品の可能性に気づく。

そして、「ありじゃね!1話から3話まで主人公とお姫様の絡み全部書き直すけぇ、すぐに現行持ってきて」と言い放つ。

剣崎はスケジュール的も厳しいと伝えるもの、島風の

「だったらこのまま載せてもえぇんじゃね」

の一言に陥落。

編集部に帰社した剣崎は北上にこのことを伝える。

すると北上は自分の状況が劣勢の為か剣崎にこう言い放つ

「これでもし人気がなければ。君の首二つ三つではたりませんよ?わかってます」と。

そう言われてもなお剣崎は心の中で「島風の言っているほうが面白いと思ったんだから」と感じてしまい・・・

 

【ヒットマン】29話の感想と次回30話の予想

今回の話は、前回までの嵐の前の静かさが一転、少しずつ嵐がやってきているような感じがしましたね!

しかし、島風のあの妄想ヒロイン像は本当に平成世代なんでしょうか?🤔

そしてちゃっかり瀬尾浩二さん初の試みの本弁に作者が乗り込む演出が。。。😅

今回のテイストは平成前半から昭和世代向けだったのだろうか。

話がずれましたが、剣崎がいよいよ週マガの中心に巻き込まれ始めていますが、本人はそんなこと気にせず、作者と向き合って作品を作る事に芯を置いていて漢だな感じました。

26~29話で剣崎を取り巻く環境と、剣崎が担当する各ヒロインとの関係の深堀を行っていよいよ火中に行くというような状況が整ってきた感じがしましたね。

今後の見どころとしては、

「剣崎と各ヒロイン関係の進展・各ヒロインの剣崎をめぐるバトル・剣崎、八神、北上の三つ巴の対決」

この3つのポイントには勿論ですが、瀬尾先生特有の主人公が大きな壁や試練にぶつかるという展開がないのでそろそろ個人的には来るのではないかと思っております!

あとは定番の主役級キャラの身内が亡くなるorなくなっているネタが来ていないので、この三つ巴が変わったころには第4のヒロインが来るのではないかと予測してます。

次回が楽しみですー!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪