Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
火ノ丸相撲

【火ノ丸相撲】221話のネタバレ&感想:揺らぐ草薙vs火ノ丸の掲げる横綱相撲とは?

先週から始まった火ノ丸対草薙の対決ですが、自身の中の不安を払拭した火ノ丸に対し、まっすぐ当たる以外の相撲を見せられることで気持ちが揺らいでいる草薙。

初めは草薙の「心」が弱くなっているので負けるのではと思いましたが、今週号を見るとそうでもないようです!

 

火ノ丸相撲 第220話のおさらい&みどころ

心を新たにし、草薙との対決に挑む火ノ丸。

その空気に観客も沸いています。

中学生横綱であった火ノ丸に高校相撲で初めて土をつけたのが草薙であり、草薙が父親からとめられていた高校相撲に参加したのも火ノ丸がきっかけと言う関係にありました。

それを知っているものからすれば、今回の勝負は注目の一局なのです!

怪我で長い間休養し、右の必殺も使えない鬼丸に対し、草薙は角界でも1,2を争う体格の持ち主であり、「体」の勝負は明確でした。

しかし今回は火ノ丸の相撲の在り方や横綱である父の名を継ぐというプレッシャーから心が不安定であると思われていました。

対して、火ノ丸は自身の右腕を信じ、必殺技である「鬼車」を出せるかという事が勝負を左右すると思われていた。

「君は拘りを捨てた。君の生き方だ。好きにすればいい。僕は・・・変わらない・・・!」

八艘跳びや様々な「横綱とはいえない」技を見せ、前回を勝利している火ノ丸に草薙は幻滅を隠せない。。。

前回の八艘跳びを受け、初めの型を考えなければいけないと観客が思う中、草薙はいつもと同じ姿勢で迎え撃ちます!!

「そう慌てるなよ・・・行くぞ、久世・・・―――」

初めの一瞬、火ノ丸が選択したのは正面からのぶつかり合いでした。

本当は、土俵でぶつかればいいと草薙自身も分かっていたのです!

「ずっと・・・この再戦を待っていた!!!」

本当の横綱、相撲の在り方は勝負の中でこれから互いに見せていくといったところで先週号は終わっています!

 

火ノ丸相撲 第221話のネタバレ&サプライズ

「見せつけてやる・・・!!僕の「横綱相撲」を―――」

草薙の脳裏には元横綱である父との会話がよぎっていました。

「草介・・・お前にとっての「横綱相撲」とは何だ」

父のその質問に対し、久世は自身が持っている絶対の型で強者としての格の違いを見せつけるという事だと答えます。

そして、火ノ丸とのこの戦いでもそれを実行しました。

たとえ相手が何をしてくるか分からなかったとしても、相手によってやることを変えたりしない。

「大和国は・・・横綱は・・・―――ぶれない!!!」

自分のぶれない相撲を見せつけ火ノ丸とぶつかります!

そして、それと同時に父も得意としていた右上手を草薙がとる。

そのまま、追い込もうとするも鬼丸の反撃の一本背負いが入ります。

決まりこそしないものの、右は読んでいる鬼丸。

そのまま草薙の下へと潜り込み、足取りを仕掛けます。

ズンッ!!

「・・・何でも来い・・・!」

取った脚は宙へと浮かばず、強く地面に着いたままでした。

草薙はそれらの技を受けても崩れない覚悟と技量があったのです!

足取りの失敗に動きが止まる鬼丸。

その一瞬の隙を逃さずに草薙がまたしても右上手を取りに行きます。

「捕まれば、死―――」

鬼丸に右腕を骨折したときの勝負がフラッシュバックします。

それだけは避けなければならない、そう直感した鬼丸は張り手の連打を繰り出します。

しかし、全て当たっているにも拘らず、草薙は動じていません。

「横殴りの張り手。暴力的で品のない手だ・・・。君はこの相撲で横綱になると・・・?」

更に、八艘跳び!

横に高く飛び気をてらいますが、それも無駄に終わります。

「横綱が宙を跳ねるなよ・・・潮君・・・。風にたゆたう根無し草に注連縄(しめなわ)は巻けないぞ」

横に高く飛んだものの、その右肩を押さえつけられ地面へと戻されます。

草薙には、周りから言われる大和国との比較や今場所ぶち当たった仁皇という壁に心が揺らいでいましたが、決心がついたのです。

人にどういわれようと大和国になる、そう決め火ノ丸を置き去りにすると!

その瞬間、火ノ丸のぶちかましが決まります。

圧倒的体格差であるにも拘らず、草薙は大きく後方へと押される。

「何か勘違いしてねぇか?久世・・・。ワシの横綱相撲はもう始まっとるぞ―――。この相撲でワシはお前を超え、横綱になる!」

鬼丸の反撃が始める!といったところで今週は終わっています。

 

火ノ丸相撲 第221話の感想と次回の予想

心が不安定だと思われていた久世でしたが、今回は強く意思を決め勝負に挑んでいたようですね?

そして火ノ丸に対して諦めにも似た気持ちを抱いていたようですが、来週号では挽回してほしいですー!!

火ノ丸の思う横綱相撲とは何なのか、そこが来週明かされていくと思われます♪

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪