Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
五等分の花嫁

【五等分の花嫁】72話:武田君が家庭教師を変わってあげても良いと名乗り出たが..?ネタバレ&感想

4月15日が風太郎の誕生日なのでそれに向けて5つ子たちは風太郎の欲しいものをリサーチ中。

同じアルバイトをしている二乃画その任務に就いたが失敗。

でも、風太郎への愛の再アタック宣言には成功するが、、、。

 

【五等分の花嫁】72話のネタバレ&サプライズ

通学途中、誕生日のこと聞き忘れたことを四葉にいうと「何してたの?」ときくと

「ん~?なにしていたと思う?」

後ろで一花と三玖は

「いいことあったのかなー」とはなしていました。

プレゼントを本人に聞くのも変なのでクラスのみんなに聞いてみようということに。

すると「上杉って誰?」との回答。

風太郎、存在薄すぎ!😳

「ほら、学級長の!」というと思い出したようです。

挙句の果てには「彼はそういうの受け取らないタイプだとおもうけど」と一蹴。

女子更衣室で女子に聞いても「全然わかんない」という答え。

そして「それより四葉ちゃん、小耳にはさんだんだけどこれってホント?四葉ちゃん上杉
君と付き合っているって」といわれます。

「2人とも学級長で仲良さそうだしあんな大胆な推薦するなんて勘ぐっちゃうよね」

「でも火の無いところには煙は立たないっていうし」と2人の女子からいわれます。

四葉は顔を真っ赤にしながら「私が上杉君とつ・・・・つき・・なんて恐れ多い」とこた
えます。

「どうかなー」と女の子。

「案外上杉君の方はまんざらではないかもよ」

体育の授業中おわり、学級長に片付けといてくれ、と先生にいわれます。

一緒に運ぼうとしますが、別々の方が持ちやすいかもしれない!と提案し1つずつもつこ
とに。

風太郎は「それじゃあ、オレが・・このでかいやつ運ぶから細かいのは頼む」といいます

でももちあげられない・・・。

情けないな、風太郎!😤

「無理しないでください」と結局2人で運ぶことに。

遠巻きにみていたさっきの女子2人は「やっぱり何かあるよ」とうわさをします。

確信の「自分のことを好きかどうか」を聞くと

「上杉さんって私のこと・・・」と言おうとした瞬間、一花と三玖が「手伝う」とやってきます。

いいところだったのに!

学食で、「五月!学級長代わって!」

とコロッケパンで釣ろうとしますがむりでした。

「変な噂が流れていて困っているんだ。だから学級長を五月にやってほしいんだよー」と
いうと

「噂って?」ってときかれます。

四葉は「わ、私と上杉さんが・・・つっつき・・・」

といいますが恥ずかしくていえません。

「こんなんだったら推薦しなきゃよかった。みんなに悪いよ。私はただすごい人だってみ
んなに知ってほしかっただけなのに・・・」としょんぼり。

放課後「ったく学級長といっても雑用ばかりじゃねーか。こっちは終わった。お前の方は
?」

というと、四葉は無言です。。。

「半分よこせ」と風太郎はいいます。

四葉は「う、上杉さん・・・上杉さんは私のこと、どう思っていますか?私は上杉さんが
嫌いです」

「は?」と風太郎。

顔尾を真っ赤にしながら「ほ、ほんとうですからね!だからもう私に近づかない方が身の
ためです。でないと大変なことになります!」

「なにを気にしているんだ?」と風太郎。

事の顛末を話すと「そういうことか、どうしたらそうみえるんだ。ありえないだろ」と

風太郎。

「ですよねー」と四葉。

「でも女子ってそういう恋バナ大好きですからしあかたないです」と四葉。

「恋ね・・・」と風太郎。

「えっと、確かこういう話お嫌いでしたよね」となぜか敬語になる四葉。

「学業から・・・えーなんでしたっけ?」

「最も離れた愚かな行為とおもっていた。あそこまで真剣な気持ちを前ほど馬鹿にする気
もおきないな」とまさかの心境の変化!?

「まさか本当に私のことを!?」と四葉。

「ねーよ」とつめたく一蹴する風太郎。

「三玖とかどうです?」と勧めてくる四葉。

「なぜそこで三玖?」と風太郎。

「でも一歩前進です。この先、上杉さんにも好きな人ができるかもしれません。その時誰
を好きになってどんな恋をしたとしても私は味方です。全力で応援します」

と笑顔になる四葉。

そこに更衣室で話していた女子2人がきて

「教室で2人きりなんて!キャー!ロマンチック!やっぱり上杉君と四葉ちゃんて・・・」

「ないよ。ありえません」ときぱりいいます。

御手洗に行っていた風太郎。

武田君がキラキラしながら寄ってきます。

「大変そうだね。中野さんたちの家庭教師」

「お前なぜそれを・・・・」

「僕が代わってげてもいいけど、ね?」

とキラキラしながら提案してきます。

 

【五等分の花嫁】72話の感想と次回73話の予想

四葉なんであきらめちゃうのー!!

確かに1人しか選べないけどそんなの可哀そすぎる!

風太郎ってばなんて罪作りな奴だ!

そして四葉いいこ!

もう私が嫁にする!

そのくらい、気持ちがわかります。

予想ですが、一度武田くんに預けてみますが5つ子が「風太郎じゃなきゃいやだ」といっ
て大暴れしそうですね。

「ありえない」といった四葉の笑顔が悲しかった話でした。

次号も展開が楽しみです!!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪