Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
獄丁ヒグマ

【獄丁ヒグマ】3話:命寿は亡者が人に憑く最大の理由!?ネタバレ&感想

【獄丁ヒグマ】2話(前話)のおさらい&見どころ

地獄からの脱走者「亡者」に憑かれた兄を獄卒人・篝手ヒグマに救ってもらった来峰アヤハ。

その後も兄が憑かれていた時のことで塞ぎこんでいる為、そのことを相談する為に再びヒグマの元を訪れました。

ヒグマはその時偶々入った仕事にアヤハを連れて行き、そこで彼女の兄に憑いていた亡者の腕を「ザイジュ」として振るう姿を見せます。

そして兄に憑いた亡者の罪は腕ごと切り離され、獄卒人の腕として働き贖罪を行っていること、残された兄自身の腕はまっさらであることを分かって欲しい、とヒグマはアヤハに伝えました。

 

【獄丁ヒグマ】3話(最新話)のネタバレ&サプライズ

夜中の公園に、ふらふらと老人達が集まってきていました。

その目は虚ろです。。。

その前に現れたのは、鳥のような異形のシルエット。

老人達の口が突然開かれ、光の泡のようなものが溢れだします。

それを見た異形は舌なめずりをし、こう言いました。

「いただきます」

夜は明け、ヒグマの暮らす淵源寺で眠そうに掃き掃除をしているのは、バイトの来峰アヤハです。

彼女に住職のウサ婆が草まんじゅうをくれます。

アヤハが寺へ通うようになって一週間。

兄も回復してきており、彼女の日常は平和そのものです。

しかしヒグマの仕事に興味を始めていた彼女は、思ったほど「それら」を目にしない毎日に少し拍子抜けしていました。

饅頭を手にヒグマの元を訪れた彼女が見たのは、木の枝に中吊りでぶらさがる喧しい男と、その下で七輪を焚くヒグマでした。

宙吊り男は獄卒人の補佐役、分霊者のコバタと名乗りました。

コバタとヒグマはどうやら仕事の話をしていたようです。

その場所にはもう一人いました。

コバタが連れてきた、現在彼らが追っている亡者の目撃者。

その子は5歳の少女でした。

生者には見えない亡者が、子どものうちは見える人が多い、とヒグマは言います。

そんな小さい目撃者の名前は雨屋香。

二日前の深夜、一緒に暮らしている祖母が家を抜け出すのを見て、止めようとしてついて行ったそうです。

祖母が向かった先は近所の公園で、沢山の老人が集まっていたといいます。

そこで彼女は、老人たちが口を開け、銀の泡を吐き出し、それを怪物が次々と呑み込んでいる光景を目にしました。

その後老人たちは帰宅しましたが、香の祖母はその日以来全く口をきかなくなりました。

香は一向に、祖母を助けて欲しい、と頼みます。

優しい祖母が好きだと、七五三の時に一緒に寺参りをする約束をしたこと、そのことを話しても祖母が黙っていることを伝えました。

ヒグマは彼女と、祖母を元通りにすると約束しました。

香の祖母は魑魅に憑かれているとヒグマは言います。

しかし、それらを操っている亡者が曲者のようです。

今夜にでも手を打たないと死人が出る、コバタはヒグマを急かします。

亡者は夜ごと老人から「命寿」を奪っているそうです。

命寿は、亡者が人に憑く最大の理由だとヒグマは語りますが、それがなんであるかは教えてくれませんでした。

その夜、亡者の出る公園にアヤハはいました。

ヒグマに危ないからついてきてはダメだと言われたのですが、コバタの方がOKを出した為です。

コバタは、ヒグマの言うことは6~7割程度に聞いておけと無責任な助言をしながら、獄卒人のことを知りたいというアヤハの気持ちに理解を示しました。

そんな彼らが茂みの陰で見守る中、公園に老人たちが集まってきました。

獄卒姿のヒグマが、下手人の亡者と対峙します。

 

【獄丁ヒグマ】3話の感想と4話(次回)の予想

同期の連載陣がかなり特徴的な中、堅実に話を進めている本作品。

筆者はGIGA版には敢えて目を通さずに楽しんでいます。

アヤハちゃんと共に、徐々に謎が明かされていくのを見ていくような構成でしょうか??

彼女は実に読者の視点に近い存在だと言えます。

この三話目で新キャラクター「コバタ」や重要ワード「命寿」、そして明らかな強敵が出てきました。

ヒグマ君も暗い子ではないのですが、やはりコバタさんのようなタイプの人がいると有難いです。

話も回してくれます。

メカクレデザインも良い感じです!!

ヒグマ君と合わせてダブルボケの布陣なので、アヤハちゃんと烙ちゃんには、より一層ツッコミに励んでいただきたいものです。😊

命寿は、漢字や蝋燭の絵から推測するに寿命の何かだろうなと思います。

亡者が寿命を集める、とは一体。生き返りでもするのでしょうか?

前回ほど大っぴらではないですが、文字通りヒグマ君の手として働くザイジュ達がなんだか可愛いです♪

七輪のところは分かりやすいですね。

各コマでものすごく自然に手首が仕事をしています。

これは結構凄い表現力なのではないでしょうか。

老人の目や口から泡が噴き出す絵面はなかなかショッキングです!!!🤩

それでもこの作品の絵柄は小奇麗なので、まだマイルドなのかもしれません。

そして来週本格的に姿を見せるであろう今回の亡者。

鳥人の姿ですね。

大食らいの鳥の怪物というと、何かしら元となる伝承等がありそうな気がします。

飛行する相手にはアヤハ兄から取れたザイジュがなかなか刺さりそうでもあります。

縄・網属性。

なんにせよ、初めての大物相手と見てよいでしょう。

前回が戦闘面ではあっさりしていた分、盛り上がって欲しいです。

来週で鳥亡者は倒せるのか、次に明かされる謎は何なのか、少なくとも命寿に関しては次回・次々回で説明されるものと思っています。

段々と明らかになっていく世界を、今後も楽しみにしています!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪