Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Dr. STONE

【Dr.STONE】92話:ついに手に入れた美味しく長もちなパン!濃い新キャラも登場!?ネタバレ&感想(ジャンプ2/4発売10号)

【Dr.STONE】91話のおさらい&見どころ

ついに自生する小麦を発見し、農耕を開始させるべく動き出す石神村。

これから航海を始めるにあたり、保存食としてパンが必要だと言う千空。

麦わら帽子を王冠と言って皆のやる気を引き出し、小麦畑にするための平野を耕し始めます。

大樹は幼い頃に亡くした両親に思いを馳せ、他の皆の家族だけは必ず救うと言い、寝る間も惜しんで畑を耕し続けます。

やがて芽が育ち、大樹は麦わら帽子を授与され、小麦畑を手に入れました。

一方千空たちは見つけた小麦で最初のパンを作りましたが、黒焦げでボロボロになってしまいました。

千空、そして龍水は「プロのシェフを叩き起こす!!」と叫びます。

【Dr.STONE】92話のネタバレ&サプライズ

「欲しい!!!」と叫ぶ龍水。

理想と現実のパンに打ちひしがれた面々は、プロのシェフが要ると鼻息荒く叫びます。

しかし石化復活液の在庫はなく、作ると何か月かかかると千空は言います。

龍水は復活液の一人前やそこら見つけ出してやると言い、隠し持ってるワルい奴の心当たりが無くもないとあくどい顔をします。

そして遠方にいるゲンに電話をかけ、女記者に復活液のことを問い詰めます。

とぼける女記者に、石化復活者の選定役だったのだから一人分くらいガメる機会はいくらでもあったはずと龍水は言います。

「欲しい!!!その情熱に人は抗えない。世界一欲しがりの俺にだけは分かる。貴様は必ず隠している…!!」

断言する龍水に、ゲンが電話口に出て大げさに「そんなモノまで作れちゃうの、千空ちゃん!!」と驚いてみせます。

何も言っていないと不思議がりますが、メンタリストに任せておけと千空は言います。

ゲンは記者の北東西 南に、千空から復活液と引き換えに凄いプレゼントがあると言います。

南は「それは――欲しい!!!けど…!」と葛藤します。

科学で何か作らされる流れだが構わない、と千空は言います。

「欲しい!は科学の原動力だ。それがなきゃ一歩も進まねえ。新しいもん作るたんびに、未来のもんに繋がってくんだよ……!!」

南は虎の子一人分しかないからと釘を刺し、どこかの三ツ星シェフを起こすのか問います。

大樹たちはかつて龍水を見つけた場所に向かいます。

龍水は「起こすならフランソワだ!!」と言い、石化時も自分と共にいたと言います。

少し前に「執事のフランソワ」と言っていたことを思い出し、千空がそう問うと、龍水は執事兼シェフだと説明します。

「奴ならこの原始の世界でも、食料ではなく、必ず皆の欲しい食事を創り上げる……!!」

と豪語する龍水。

大樹たちは復活液を見つけた石像にかけます。

見た目では男か女か分からない、フランソワは男の名前だった気がする、というメンバー。

石像の表面がピシピシと割れ、そして手が杠の持っていた服を鷲掴みにしました。

そして現れたのは、髪が縦カールになった中性的な顔立ちの人物でした。

フランソワは跪いて丁寧にお礼を言い、

「どなたか七海龍水様をご存じではありませんか?すぐに探しに向かわなくては」

と言います。

復活したばかりなのにと心配する杠と龍水なら元気だから心配するなと言う大樹をよそに、「早速出立いたします!」と歩きだします。

案内人のゲンが、シュタシュタと歩くフランソワについていきます。

石神村ではフランソワはフランス人かという質問に、龍水は気にしたこともない、日本人かもしれない、本名も性別も知らんと言い放ちます。

流水は世界一欲しい執事という事実だけは知っていると言うと、背後には既にフランソワが来ていました。

ほぼ二日ノンストップで来たと言い、ゲンは倒れ込みます。

もろもろの説明をしなくていいのか?と問うコハクに、フランソワならば道中状況確認をしながら来ただろうと龍水は言います。

パンの完成品を見ると言ったフランソワに、龍水は黒焦げでボロボロのパンを見せます。

フランソワは一瞬固まり、ハンカチで口を押さえ、

「最悪の事態を想定するのも仕事ですのでお聞きしますが、まさかこの産業廃棄物をゲストに出されたのですか??」

と青ざめます。

そうだと笑う龍水に、フランソワはエプロンを取り出し、メニューの目的と要望を問います。

千空は長期後悔の保存食だから、長もちで腹もちも良く食べれるレベルと言います。

フランソワは更にリミットは何か月か正確な数字が欲しいと言い、千空は10か月腐らなければそれでいい、と言います。

「10か月ですね、畏まりました。ならば、私共がご用意するメニューは『ヤギの恵みのシュトーレン』」

と恭しく礼をするフランソワに、龍水がクリスマスに長期保存しながら食べる菓子パンだと説明します。

コハクが早速ヤギを狩って乳を搾り、振ってバターを作り出しました。

乾燥させたフルーツをアルコール漬けにし、ひたすら自由水を奪い菌を繁殖させないようんすると説明する千空。

そしてフランソワに叱られながらパン生地を捏ね、窯へと入れます。

「完璧なおおてなしで、全ての『欲しい』にお応えするのが私共の仕事。欲しい=正義です」

そして窯に水を入れ水蒸気によって熱を上げます。

フランソワは七海財閥を必ず復興させると龍水に宣言し、新世界を制するためには石神千空が欲しいと言います。

そして焼き上がったシュトーレンを食べ、感激する一同。

「欲しい=正義です!!」

そうして、パンを手に入れました。

【Dr.STONE】92話の感想と次回93話の予想

ついに手に入れた美味しく長もちなパン、とても美味しそうでした。

新キャラクターもかなり濃い人物で、いつも度肝を抜かれてしまいます。

年齢・性別も分からないキャラクターというのは、ジャンプ史上でも珍しいのではないでしょうか。

次回はついに大航海のための準備や、小麦の生産についてのお話になるのでしょう。

次もワクワクする怒涛の展開を期待しています。

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪