Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダイヤのA

【ダイヤのA】429話:榊監督の裏をかき2ストライクか!ネタバレ&感想

由良総合1点リードの3回裏、先発の北方に代えてエース東山を投入。

この榊監督の采配が的中し、青道打線はまたしても得点を奪えなかった。

4回表、対する沢村はワンアウトからまたもフォアボールを出してしまいます。

調子の上がらない沢村に対して片岡監督が下した決断はピッチャー交代だった!

 

【ダイヤのA】429話のネタバレ&サプライズ

「沢村に見切りをつけた?片岡監督。エースだぞ!」という声も。

まだ4回なのに・・・。

悔しそうな沢村。

ベンチに帰る途中、呼び止められます。

「お前の気持ちはみんなに届いているよ。あとは俺たちにまかせてくれるか?」

そしてボールを両手で握り、「込めときました」とミットにボールを渡します。

「これ以上向こうに付け入るスキ与えたくなかった。あとはあいつらに任せよう」

と片岡監督。

「なんだよ、結局肩作ってねぇじゃねーか・・・」

「うん思ったよりはやかったから。これから作るよ。」

「沢村先輩ダウン付き合います」

「ああ、頼む。このイニングが終わったらな」

アップがあるなら当然ダウンもあるんですね。

運動でもアップして本番をやって、クールダウンをしますもんね。

ビリー隊長に入隊したときもアップしてクールダウンをしました。

そんなかんじなんでしょうね。

沢村は「さぁ、個々から本当の始まり!こんなもんじゃねぇからな。俺たちの野球は!足
を引っ張っているやツイッターは居なくなった!もう遠慮しなくていいですよ!思う存分
暴れちゃってください」

もう自分を自虐ネタに走ってますね。

でもそこがいいとこだと思います。

マウンドでは「ボールは走ってなかったけどあいつは全部を背負って投げていたと思う。
もっと力になってやりたかった」

相手の監督には「もう少し引っ張ると思ってたが動いてきやがったな鉄心。焦りからくる
継投か・・・迷いのない決断か・・・。いずれにせよ攻めいるチャンス」

「ここで崩せれば向こうに大ダメージを与えることができる」

「ピッチャーだし動いてこないと思うけどランナーは俺がなんとかする。ノリはバッター
に集中してくれ」

「さ!ノリ先輩初投!ねらってきます!」

3年生は「ありがとな、俺たちは3年だから・・・」

1投目ストライク!

「覚悟だけはできている」

青道ベンチは「おっけぃ!」「ナイスボール」「ええ球や」など声援が。

「めるぞノリ!」

榊監督は「まいったな初投からこんな球なげらっれたら右バッターんに外のスライダーを
見極め刺せるのは酷というもの・・・。あの頭がいいキャッチャならコーナーをを広く見
せるインコースに投げてるはずその球を狙い打つ」

「フロントドア!?」

ストライクツー!

フロントドアとは右投手の場合、右打者なら、体に当たりそうなコースからストライク
ゾーンにスライダー(カットボールなど)を投げストライクを取ること。また、左打者なら
ツーシーム(シンカー)を体に当たるようなコースに投げ、そこからストライクゾーンに曲
げるボールのことです。

いい流れの青道。

このままいけるのか!?

「ダイヤのA」もアニメ化するんですね。

第1期の時は、何かをしながらだったのであまり覚えていませんが、でも観客の声などが
耳に残っています。

今回はちゃんと見たいと思います。

今の部屋の間取りが目の前にテレビがあるのでいつでもみれます。

レコーダーも新調したので今から楽しみです。

青道の野球、しっかり見届けたいと思います。

もちろんマガジンの方でも、です。

私はながら族なので、仕事や読書をしながらでもできます。

あまりいい癖ではないですが、なにか音がないと怖くて逆に集中できないんです。

【ダイヤのA】429話の感想と次回430話の予想

今回はエース降板という大胆な選択。

きっと片岡監督も苦渋の決断だったでしょう。

でも、このままあだと相手に点を取られるばかりだし、3年のこともありました。

もうすぐ引退するかもしれないということもあり、ださせてあげたいというのもあったの
ではないでしょうか。

キャッチャー御幸は本当に頭の回る人だと思います。

榊監督の裏をかきフロントドアなどバッターを揺さぶってきてストライクを2つも取って
しまったんですから!

沢村にもがんばってほしいけど、御幸にも頑張ってほしいですね。

これから、きっと青道打線が爆発して相手が三振になり、得点は0.

攻めるのが青道にかわり今度は打って打って打ちまくってほしいな、と思っています。

でもそうは問屋が卸さないでしょう。

きっと榊監督もなにか策を講じてくると思います。

野球には詳しくはないので、どう変えるかまではわかりませんが、ここまで勝ち上がった
強豪校です。

きっと何かしてきます。

そしたら、また沢村がでてくるのでくるのではないでしょうか?

「オレが流れをかえる!」と言って。

どうなるんでしょう。

今後の沢村の行動が気になりますね。

きっと、また投手として出てくることを期待しましょう。

どうなるか楽しみです!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪