Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
チェンソーマン

【チェンソーマン】3話のネタバレ&感想:いきなり味方と殴り合い!?

衝撃の第1話を掲載したチェンソーマンでしたが、2,3話と話のスタンスがそろそろ決まってきたようです。

今回は新しいキャラクターやデビルハンターの本社も描かれ、順調に話が展開されています!

 

チェンソーマン 第2話のおさらい&みどころ

デビルハンターの本社へと向かうマキナとデンジ。

途中で寄ったパーキングエリアに入り二人でうどんを注文していると、血だらけになった男性が駆け寄ってきます。

話を聞くと、自分の娘が悪魔にさらわれ森の中へと逃げたというのです。

それを聞いた女性はしばらく考え、

「デンジ君・・・うどん伸びちゃうから君だけで悪魔殺しに行って」

といきなり命令されます。

反発するデンジでしたが、その意見はすぐに却下される。

「使えない犬は安楽死させるんだって」

脅しにも似た命令に、どうすることも出来ずそのままデンジは悪魔退治へと向かっていきます。

このとき初めてデンジは初めてマキナの真意を知ったのです。

悪魔退治に向かうとそこにいたのは、小さな悪魔と仲良く触れあう少女の姿でした。

話を聞くと、父親に殴られていたところを悪魔に助けてもらったから悪魔を殺さないでほしいとのことでした。

自分のように悪魔と仲良くすることも出来ると知っているデンジは自身の命と少女の願いとの間で悩みます。

しかし、その隙に背後の悪魔がデンジを縛り上げたのです!!

その悪魔は筋肉の悪魔であり、少女を操っていた訳ですね。

「よかった、テメェみたいなクズなら殺しても心は痛まねえ」

自身も悪魔となり筋肉の悪魔を倒し、少女を連れて帰っています。

また倒れそうになるところを支えられるデンジ。

自身のいきさつ、悪魔になった理由を話すと女性は、

「キミの親友はキミの中で生きている」

とポチタがまだ死んでいないと示唆します。

それに希望が見えるデンジ。

最後のシーンはうどんを食べながら、女性の名前が「マキナ」であることを聞き、

「すっ、好きな男のタイプとかあります?」

という質問に対し、

「う~ん、デンジ君みたいな人」

というところで終わっています。

 

チェンソーマン 第2話のネタバレ&サプライズ

マキナの前回のセリフに鼻の下を伸ばし続けるデンジ。

惚け気味で東京の街中を歩いていくと、デビルハンターの本社へと到着します。

そこは、日本国旗が掲げられている公安のデビルハンターのビルでした。

マキナのデビルハンターに関する説明も上の空のデンジ。

「マキナさんが俺を好きっつー事は、一緒に仕事をしていくうちにそういう関係になってくんじゃねーか・・・?そういう関係になったら、そういう行為もできるんじゃ・・・してぇ!そういう行為してー!!」

当の本人を目の前にして、余計な煩悩で頭がいっぱいですね(笑)

流石に壮絶な過去があるとは言え、マキナの本性が見えているこの状況でも彼女を好きといえるデンジはすごいとしか言いようがないです・・・。🤪

デンジは新たに制服が渡され、同僚に会わされます。

その人物は、黒スーツで背中に刀を抱えた黒髪の青年でした。

デンジより三年先輩であった彼の名前は早川アキといい、アキとデンジは同行することを命じられるんです!

離れることを嫌がるデンジに

「君の働きぶりがよければ一緒に仕事できるよ。だから、頑張ってね」

と応援するようなセリフをかけるマキナ。

こう言ったシーンがチェンソーマンでは多くみられますね(笑)😊

道中でマキナについてしつこくアキに聞くデンジ。

それに対し、アキは路地裏へと向かいます。

そして、顔面に一発!!!

ひたすら殴られデンジは倒れこみます。

「お前仕事やめろ。明日も来たらまたボコるからな」

この暴力は軽い気持ちで仕事をして、本人が死なないようにする優しさだと言うアキ。

そして、マキナ目当てでデビルハンターになったことも言い当てます。

呆れて帰ろうとする秋に対し、デンジは後ろから股間を蹴り上げます!

はじめて人並みの扱いをされ、今が夢みたいな生活であると主張するデンジ。

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターになったけどよぉ、この生活続けるためだったら死んでもいいぜ」

「マキナさんはぁ・・・お前みたいなチンピラが好きになっていい人間じゃねえんだよ!」

互いに殴り合いに発展しますが、この時アキもマキナに気があることが分かってしまいます。

ボロボロのまま、改めてマキナと合流すると彼女から新たな指示が出されます。

デンジがアキの部隊に所属されるということ、公安を辞職するか違反行動があるとデンジは悪魔として処分されるということでした。

帰りの道中、アキにマキナがいい人なのか尋ねるデンジ。アキはその質問に、

「いい人に決まってる・・・俺の命の恩人だ・・・」

といいデンジはマキナに抱かれた時の思い出がよみがえります。

ここまでが今週号の内容です!

 

チェンソーマン 第3話の感想と次回の予想

今回は悪魔の登場はなく、新キャラクター早川アキとのぶつかり合いのお話でした。

これからアキの過去にもスポットライトが当たり、部隊のメンバーも出てくると思いますので、次回以降のキャラクターにも期待です!😆

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪