Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
チェンソーマン

【チェンソーマン】2話:謎の女性はデンジを犬扱い?ネタバレ&感想 

2019年号の新連載第一弾「チェンソーマン」の第2話では、1話に出てきた謎の女性の正体が徐々に明らかになっていき、更なる悪魔との対決といった内容になっています!
前回と比べて、グロテスクな描写は少なく苦手だったという方も目を通してみてはいかがでしょうか?

チェンソーマン 第1話のおさらい&みどころ

父親の借金を抱えながら、「デビルズハンター」という悪魔狩りをやっている青年、デンジ。

彼の唯一の友達はまさかの悪魔でした。

ポチタという名前を付けて一緒に悪魔狩りや日常生活を共にしていますが、その生活は楽しいものとは言えませんでした。

「なあ、知ってるか?ポチタ。普通は食パンにジャムってのをつけるみたいだぜ?」

煙草を食えば100円やるといわれれば、喜んで実行するほどの貧しい毎日を送っていました。

ある日、借金取りでもありデビルズハンターとしての依頼主でもあった男がデンジを廃倉庫へと連れていきます。

そして、後ろからナイフで一刺し!!

血だらけになった肩を抑えて振り返るとそこには何とゾンビと化した依頼主やほかの人間がいたんです!

彼らは悪魔の力を得られると言われ、自らの肉体を差し出したのです。

戦うも、そのまま殺されバラバラ死体にされてしまうデンジでしたが、その一滴の血が悪魔のポチタにかかり彼らは契約を結ぶのでした。

「君の心臓になる代わりに、君の見たかった未来を見せてくれ」

普通の日常を送るというそれだけの夢も叶えられなかったデンジはポチタとの契約により生き返ります!

しかしそこにはポチタの姿はなく、自分の胸から悪魔であるポチタのチェーンソーのひもが見えていました。

すべてを理解したデンジはポチタの力を使いゾンビと敵の悪魔を撃退!

そのまま力尽き、倒れそうになる瞬間、目の前にいた女性に支えられます。

「私たちはデビルズハンターで、ここにいたはずの悪魔を倒しに来たんだけど・・・」

事情を説明し、悪魔が自分の心臓になったことを説明すると、彼女にこのまま私に倒されるか、私に飼われるか選んで?と問われます。

そのまま、彼女と同行することになり・・・というのが第1話でした!

チェンソーマン 第2話のネタバレ&サプライズ

車でどこかへと向かうデンジと謎の女性。道中で常に空腹の生活を過ごしてきたデンジのお腹がなってしまいます。

「そういえば、私たちもご飯まだだったわね。どこかで食べましょうか?」

お金は自分が出すといい、上着まで貸してくれる女性。それにデンジは思わず感動します。
「汚ぇ臭ぇと言われ、近寄られもしなかったこの俺が・・・はじめて優しくされた。それもいいツラの女に・・・好き!」

 

本人に言ったわけではなく、頭の中のセリフなのですがデンジ君、随分単純だということがわかりますね(笑)

パーキングエリアに入り二人でうどんを注文していると、血だらけになった男性が駆け寄ってくるんです!

話を聞くと、自分の娘が悪魔にさらわれ森の中へと逃げたというのです。

それを聞いた女性はしばらく考え、
「デンジ君・・・うどん伸びちゃうから君だけで悪魔殺しに行って」
といきなり命令されます。

「えええ、俺もうどんっすよ」
と反発するデンジ。

しかし、話はそのまま進んでいき最後に女性からこう言われます。

「使えない犬は安楽死させるんだって」

脅しにも似た命令に、どうすることも出来ずそのままデンジは悪魔退治へと向かっていきます。

このとき初めてデンジはその女性の真意を知ったのです!

悪魔退治に向かうとそこにいたのは、小さな悪魔と仲良く触れあう少女の姿でした。

話を聞くと、父親に殴られていたところを悪魔に助けてもらったから悪魔を殺さないでほしいとのことでした。

自分のように悪魔と仲良くすることも出来ると知っているデンジは自身の命と少女の願いとの間で悩みます。

そして、
「ねえ・・・みんなで逃げちゃわない?」

と全部の責任を放り出して逃げることを提案します。

それに対し笑顔で答える少女。

しかし、その笑顔は徐々に歪んでいき背後の悪魔がデンジを縛り上げていく!

その悪魔は筋肉の悪魔であり、少女を操っていたのです!!

「よかった、テメェみたいなクズなら殺しても心は痛まねえ」

自身も悪魔となり筋肉の悪魔を倒し、少女を連れて帰っています。

「使える犬だったね」
「ワン・・・」

と嫌味交じりに言いながらも、また倒れそうになるところを支えられるデンジ。

自身のいきさつ、悪魔になった理由を話すと女性は、
「キミの親友はキミの中で生きている」

とポチタがまだ死んでいないと示唆します。

それに希望が見えるデンジ。最後のシーンはうどんを食べながら、女性の名前が「マキナ」であることを聞き、
「すっ、好きな男のタイプとかあります?」
という質問に対し、
「う~ん、デンジ君みたいな人!」

というところで終わっています。中々の策士ですね(笑)

 

チェンソーマン 第2話の感想と次回の予想

今回は謎の女性、マキナとポチタが生きているという事にスポットライトが当たった回でした。

しかし、作品の持つダークなイメージは1話のまま続いてますね!

恐らく、次回は他のキャラクターや彼女の所属する組織についてのお話になると思われます〜♪

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪