Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
BEASTARS

【BEASTERS】112話:36年分のこぶし!ネタバレ&感想

決して表には出ず、世界を守るビースター・ヤコフ。

だがそのときの心と司会はかつて失った相棒ゴーシャのせいでみたされずにいました。

あるときゴーシャの噂をきき数十年ぶりに再会しました。

 

【BEASTERS】112話のネタバレ♪

「こんな狭苦しベランダに居ながらなお、お前はいまだに私の視界を開かせるなんて」と
いいます。

「36年ぶりになるか・・・。お互い老けにくい種族らしい」

何も言わないゴーシャ。

「ヤブヤァ」というと口から毒があふれ出します。

「何してんだ、お前」

「いやまいったな、、、すごい量だこれ全部毒だから触っちゃだめだぞ」といいます。

ゴーシャは「ハグしていいか?30年以上ぶりだな」

といってハグします。

そして核心を聞いてきます。

「天下のビースターが突然思い出話に花を咲かせにきたわけじゃないよな?まあ、はいれ
よ」といいます。

ヤフヤは「お前の口から「ビースター」なんて言葉聞きたくなかったよゴーシャ」

といい、本棚を破壊します。

そして、ゴーシャを殴ります!

「36年分のこぶしだ・・・。これまでの僕はたった1匹で街を守ってきたんだ。この際もっと味わえ」

拳を受け止めると消毒液を手に吹きかけ拭きます。

「まさか僕のこぶしについた毒を消毒したのか?」

「え?多分パンチで毒就いたし」

「家庭のかんじを僕にまで出してくるな!」

粘膜に付着させなければ基本セーフのようですが一応、といいます。

「おもったより丸くなったな」といいます。

そしてヤブヤの血を引くたった1匹のハイイロオオカミ。

やはり、冬に警察を騒がせた食肉前科獣だとゴーシャは思います。

そして「強いのか?レゴシは」の一言!

 

【BEASTERS】112話の感想♪

てっきりヤブヤのことをもう一度スカウトしにきたのかとおもいました。

でも目的は孫のレゴシ。

温厚そうなレゴシにはビースターにはむいていないと思いますが、ハイイロオオカミなら
強そうですよね。

ゴーシャはどう思うのでしょうか。

今は高校を中退してとくになにもやってなさそうなレゴシにつとまるのでしょうか。

でも強そうだけど、優しいからむりだろうなぁ、と思います。

ゴーシャの毒は凄いですね。

最初血が出たのかと思ってびっくりしました。

毒の量、ハンパない!!

よほどうれしかったんでしょうね。

最終的に判断するのはレゴシですが、ゴーシャは反対すると思います。

かわいい孫ですからね。

危険にさらしたくないと思います。

強いのかどうかはよくわかりませんが、個人的にはなってほしくないなぁ。

平和に暮らしてほしいですー!

 

【BEASTERS】次号113話の予想♪

レゴシはヤブヤに会って、選択を迫られます。

もし、快諾すればそれは危険な道なので祖父のゴーシャが反対すると思いますが、それを
はねのけてビースターになるとおもいます。

肉食獣の血が騒ぐというか。

もしかしたら中退したのは暴力事件があったかもしれません。

そこまでは書かれていないのですが、予想としてはそうなってしまいます。

メディアには顔を出さないのでまだ未成年のレゴシでもできるかもしれません。

でもビースターって未成年でもなれるのでしょうか?

もう1つはレゴシが断った場合。

顔を見られているわけですから、消すかもしれませんよね。

顔を出さないというのがヤブヤのモットーなので、誰かに言われたら困りますよね。

口は軽そうには見えませんが、もしかしたら誰かに言うかもしれないということで、殺し
てしまうかもしれませんね。

さすがにそこまではやらないでしょうけど、脅す程度はやるかもしれません。

そして、自分の監視下に置きそうですね。

それがゴーシャだったりするのでしょうか。

でも、ゴーシャは反対しそうです。

レゴシは素直なので、それを受け入れるかもしれませんね。

また、ヤブヤはレゴシをみて「そこまで強くない」と思い、見放す可能性もあります。

レゴシはおとなしいですがハイイロオオカミです。

本気で牙をむいたら馬であるヤフヤも一撃でころしてしまいます。

そんなレゴシをスカウトしつづけるかもしれません。

でも、レゴシは断り続けると思います。

迷惑をかけたゴーシャを巻き込みたくないというのもありますし、自分がそこまでの素質
がないと思っているからだと思います。

ほかの肉食獣とは違い、おとなしいからではないでしょうか。

学校に行っていた時は、演劇部で照明係だったし、普通に見ればおとなしい肉植獣です。

そんなレゴシはどんな決断を下すのでしょう。

もしかしたら、ゴーシャ自体が却下するかもしれませんね。

そういえば、2018年の「このマンガがすごい!」の男性編で2位だったそうですね。

スピーチの受賞者のコメントの時、登場人物のコスプレをしてでたそうです。

顔を知られたくないからなのかただ単におちゃめなのかどちらでしょう・・・。

私の担当トレーナーが米津玄師のファンなのですが米津さんもよんでいるようです。

そして作者の板垣巴留(いたがき ぱる)さんと対談したそうです。

うらやましい!!

次号も楽しみです♪

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪