Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ジャンプSQ

【青の祓魔師】108話:お腹の赤ちゃんはどうなる?青い稲妻作戦開始か!?ネタバレ&感想(ジャンプSQ2/4発売号)

【青の祓魔師】前回107話のおさらい&みどころ

サタンとルシフェルが出会い、サタン側の勢力図が一気に拡大し、アサイラム攻防戦が始
まります。

アサイラムを居城として、エリクサーを大量につくらせようとするサタン。しかし体がど
んどん耐性がついてしまい追いつかない。

消耗戦にもっていきなんとか撃破したいと考えるが、ユリが単独サタンのもとに向かって
しまった、再び出会ってしまう二人。

さあ、今月号はどうなっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

【青の祓魔師】108話のネタバレ&みどころ

「俺たちはこの城を捨てる。撤退だ」

ほかの研究者からは「研究は?エリクサーはどうするんだ」という声が。

「どうせ死ぬんだから好きなところで好きな人と好きにする」といいます。
唖然とする研究員たち。

ユリは「死ぬまで俺のそばにいてくれ」とサタンにいわれます。

それからはユリとすむ場所を好物が焼き魚が好きだから海辺はどうか、という話をしたり
していました。

でも、サタンはお寿司がいいといいます。

驚くユリ。

「どこでそんなの覚えたの?」

サタンはユリを抱きしめながら、「着るものやひげも切った方がいいわね」といいます。

なんか新婚さんみたいですね。😊

そして、ユリはどこかに男性の普段着や日用品が手に入るところをしりませんか?」と聞
きます。

すると顔なじみのジェニが。

驚く2人。

「候補生(エクスワイヤ)は認定試験後、教官から特別に声を賭けられるとは聞いていた
。高収入、高キャリアと引き換えにセクションで働かないか、って。認定試験の結果がよ
くなくて焦った私はセクションを選んだ。バカだった。ここは地獄よ」

とジェニがいいます。

仕事が実験体(クローン)の世話で9割の子は長生きできないらしい。

稀に生き延びても心が死ぬそうです。

「もっと高収入だからと言って実験体(クローン)を生む母体になる子もいたけど二度と
顔を見なかった」

まさに地獄!

「モナリスの契約書のせいで・・・あんたたちに相談することもできなくてどんどん疎遠
になっちゃたわね。元気してた?」と聞くジェニ。

ユリも同じ気持ちだったらしく抱き合う2人。

「あんたもとんでもないことになっていたのね。つまりサタンはセクションを手放す」と
ジェニ。

「この施設を公にするならいましかない!もう耐えられないのよ。せめてゼッケン体を逃
がしたい。大変なことになるかもしれないけど。どっちにしろルシフェルの犠牲になるな
らかみついてから死んでやるわ!何もしないで後で後悔したくないアンタもそうでしょ
?」といいます。

そしてまた会ってお亜酒を飲む約束をしました。

出発するために1つだけルートがあるといいます。

 

マンホールのようなところになぜか学園の人たちが。

誰かが情報をリークしたようです!

「クローンを逃がしてセクションを白日のものにさらそうとしたんですよ?サタンも女の
甘言(かんげん)に唆されてセクションから消えるところでした」

「そんなことしたら研究が続けられなくなるじゃないか」

「私たちを活かせてください!」ユリはさけびます。

「人里離れて静かに暮らします。お願いです!」

といいますが学園の人たちは効く耳を持ちません。

ユリが気持ち悪くなったのか、吐きそうになっています。

そんなとき「撃つチャンスだ。撃て」とう命令が下ります。

するとサタンに届きそうだった弾丸が全部きえてしまいます。

「手めぇらこのサタン様にいい度胸だ。全員この場でころ・・・」

そして目や口から血をだします。

そして、確保されてしまいます!

ユリとサタンは引き離されてしまいます。

悪魔軍団はアサイラムから撤退。

日本支部の特務大隊が人質をしました。

のち、荒債務深部にて劣化破滅したと思われるサタンの憑依体を発見されます。

そして、「そんな説明で納得できるか!」といわれます。

「そもそも日本支部の上位結界が破壊され、悪魔軍団がアサイラムに籠城。首謀者は受肉
したサタンだ。それを信じたら我々は日本支部に援軍を送ったんだぞ!だがサタンは居た
のか?サタンが日本支部アサイラムを占拠した理由も判然としない。114人ものエクソシ
ストが殉職しているんだぞ!」

もっと調査を求める意見や調査委員会の設置を!と口々にいいます。

「サタンが日本支部を占領した理由については重大な報告がありおます。日本支部所属下
二級エクソシストユリ・エギン。彼女がサタンを誘い寄せた可能性が高い」

ほかの人たちは「誰だ?」「エクソシストとしては無名だがマイナー間では有名だ。悪魔
の畜養や調達に関する著書が多くある」

ユリ・ギレンはサタンの破滅した憑依体と引き離される際泣き叫びすっかり魅入られた
様子だったと多くの特務のモノが目撃しています。

そして何よりの証拠にユリ・ギレンは妊娠しています。

騒然とする部屋。

「現在4・5週目ということでまだ詳しいことはわかりませんがまちがいありません。現在
彼女は“クレイドルバリア”と呼ばれる不可侵状態です。」

母体を傷つける行為はすべてのろいとして跳ね返る状態です。

ご存じでしょうが、この“魔女”と“悪魔の仔”の処遇を決めなければなりません。

偉い人は「どうも腑に落ちない。ユリ・ギレンには1度あっただけだがそんなバカな娘に
は見えなかったんだよ」

ほかの人も「それもそうだがオレが気になるのは一度受肉した悪魔が肉体をうしなってこ
のまま黙っているだろうか?そうやすやすとあきらめまい」

ユリの様子を見に行くとユリはサタンの心配をします。

「まだ生きているよ。表向きは死んだことになっているがな。憑依体の本格的な劣化が始
まって脳を損傷してもう身動きとれんらしい」といいます。

サタンの方は意識が戻りそうでした。

まだ半覚醒状態で実験を続行されていました。

この験体ほど素晴らしい験体はいないんですよ。

うわごとのようにユリのことをつぶやくサタン。

一方、ユリの方もサタンのことを心配していました。

獅郎は「そんなことより、騎士團は今回の件を全部お前ひとりの責任にする気だ。お腹あ
の赤ちゃんはどうなる?自分の心配をしろ!出産してへその緒が切れば“クインドバリア”
も消える。その後、祓魔(ふつま)する!お前まさか生みたいなんてかんがえていないよ
な!?サタンの仔だぞ!」

「ごめんね、獅郎」

一方、会議室では「あなた降魔剣をごぞんじですか?またの名を倶利伽羅」とメフィスト
フェレス。

「明王陀羅尼宗の本尊として伝わる魔剣で今はもぬけの殻ですがかつて多くの炎の悪魔を
降ろしてきたため非常に炎と親和する剣です。どうですあなた・・・」

獅郎は「行く!ついでにそのいふざけた作戦に俺も加え溶け!」といいます。

「ユリが魔女だなんてうわさされているんだ。おかしいだろう。ジェニも黙っていなくな
った。ユリも・・・。お前何かしってんだろ!」

「なんなんだ騎士團はなにをかくしているんだよ」

そして雪山で「いいや君はきttpころされへん。私にはわかる」とお坊さん。

「不浄が強まりだした右目といい4月も終わるゆうのにおわらん雪の果てといい・・・。
少し前この寺を通りすがった行脚僧に東野正十字騎士團で南谷不穏なことが起こってるて
聞いてたんや。君はそのために来たんやろ。何かを救うために」

「ふん、お前は救えねぇ、お人好しだな」と獅郎。

「追っての声が!」とお坊さん。

「にげろ!」とお坊さん。

雪山を滑っていく士郎。

「はぁ?」とユリが妊娠していることをメフィストフェレスが伝えると「ぶっ殺す!」と
言いながら雪山を降りていきます。

一方、ユリは母体の衰弱も激しく出産まで体がもつかどうか、そうですがユリは産む決意
をしていました。

メフィストフェレスは「よくぞここまで逃げず暴れず過去を見届けましたね。心中お察し
できませんがあなたにとってはさぞやたいへんだったでしょう」

にらまれるメフィストフェレス。

「かくごはいいですか?」

そして、ユリは破水してくれ井戸バリアも協力になっています。

予定日から4週過ぎてようやくです。

「H胎は生きているが発育不全で弱弱しい。M胎は巨大児で先に生まれてくる。M胎が要
注意だ!」

「何が起こるか、全くの未知だ覚悟しろ!青い稲妻作戦開始!」

獅郎が「オレがお前をすくってやる!」

と言うところで今月号は終わっています。

【青の祓魔師】108話の感想と次回109話の予想

本当に幸せだったんですね。

サタンとユリ。

仲がいいのがうらやましい!

でも引き裂かれてとてもユリは悲しいと思います。

サタンも半覚醒状態ですがユリのことを思っているようです。

獅郎はだれをきりにいくのでしょう?

もしかして、ユリ?

サタンではないと思います。

ということは消去法でユリですよね。。。

ユリのことが好きな獅郎にとってはきつい試練となりそうです。

次回も楽しみです!

 

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪