Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アクタージュ

アクタージュ(act-age)52話のネタバレ:予想外のハプニングで波乱の初日か!?

【アクタージュ act-age】51話のおさらい&見どころ

カムパネルラ(夜凪)の前に膝をつき、腰に縋りついて動けなくなってしまったジョバンニ(阿良也)。

「もうこの舞台を終わらせるには、夜凪が阿良也を振り払って別れを告げるしかない」

カムパネルラと巌を重ねている阿良也に、それは残酷すぎると目を伏せる共演者たち。

夜凪は巌の家で話をしたことを思い出し、かつて女優の役者人生を奪ってしまったこと、劇団天球を立ち上げた理由を聞きます。

「俺たちは例え死んでも一人にはなれない。その幸福に気付くことを芝居という」

と言った巌。

モニターで舞台を見ていた共演者たちは、「立て!!阿良也!がんばれ!!」と力強く声援を送り、阿良也は舞台を踏みしめ、いつもの立ち方を思い出した、と立ち上がります。

ジョバンニは微笑み、「僕は行くよ」と安心したように言います。

巌の病室では心電図が0を示し、ピ――という音が響きました。

スポンサーリンク

 

【アクタージュ act-age】52話のネタバレ&サプライズ

幼い阿良也は劇団天球で「銀河鉄道の夜」を練習する役者たちを見て、「なんでいつも同じところで終わらせるんだ!俺は続きが見たいのに!!」と憤ります。

役者たちはまた阿良也の癇癪が始まった、と呆れ、芝居はあそこで終わりなんだよと説明します。

「嘘だ!カムパネルラは死んだけどジョバンニは生きている!!勝手に終わらせるなよ!!」

と怒鳴りますが、他の役者たちは「訳分かんねー」と離れていきます。

阿良也は「どうしてか昔から皆とは違うところで怒ってしまって、いつも悲しい気持ちだった。俺はその日も、悲しい気持ちで」と思っていると、

「そうか。物語を終わらせるのは作り手の勝手な都合か。そりゃあ怒りたくもなるか」

と巌は理解し、

「お前、やっぱり役者になれよ」

と阿良也に言います。

舞台のスモークが晴れ、「現実に戻ってきた」と言われ、ジョバンニは河辺に立っていました。

「カムパネルラが川に落ちたんだ」「まだ見つからない」と役者たちが演技する中、

「人は死ぬ。必ず死ぬ。だけれど、俺の人生は続く」

という言葉が頭に過り、そっと踵を返します。

「僕、もう帰らなくちゃ」

とカムパネルラを探す人たちから離れていくと、幕が引き、舞台が終わりを迎えました。

静かに涙を流したり、呆然としたりする観客たち。

舞台袖に下がった阿良也はふらっとよろめき、

「おつかれ」

と支えられます。

「…ぼろぼろの初日だった」

と少し笑みを浮かべて言う阿良也に、共演者たちは「そうだな」と頷きます。

「でも、明日があるから」

と夜凪が振り返り、そう言います。

「明後日も明々後日も、僕たちにはあるから」

と笑顔で言う夜凪に目を剥くアキラですが、「何?アキラ君」と訝しげな視線を向けられ、「え…あ、いや、ううん」と誤魔化します。

阿良也は「じゃ夜凪、行こうか」と腕を首にかけてずいっと引き摺り、「?」を浮かべて困惑する夜凪。

「カーテンコールだよ。笑って、景」

と七生に言われ、夜凪は共演者たちとともに再び舞台に立ち、盛大な拍手を贈られました。

こんなにたくさん、いつのまにと驚く夜凪に、最初からいたけどね、と突っ込むアキラ。

墨字は「人が成長する瞬間が見れた。良い芝居だった」と評し、巌が「俺を利用して良いとこだけ持っていこうってか」という言葉を思い出して鼻で笑い、

「よく言うぜクソじじい。勝ち逃げしやがって」

と笑顔で毒づきます。

夜凪たちは引かれた幕の前で互いに手を繋ぎました。

「人は必ず死ぬ。誰かの血肉になって、俺たちの血肉になって。だから別れの言葉は、「さようなら」じゃなくていい」

稽古場や巌の家、「銀河鉄道の夜」の台本、巌の姿が映し出され、

「ありがとうございました」

と、役者たちが頭を下げました。

客席では星アリサが巌の訃報をタブレット携帯で確認し、静かに目を伏せました。

「しばらく荒れそうね。日本を代表する演出家の死と――」

舞台上では夜凪が「表情が硬いね。星く…堀君を見習って」とからかわれ、「今わざと名前間違った…?」とアキラが突っ込みを入れていました。

千世子は獲物を定めたような目で、

「新星の発見」

と、固い表情でカメラにピースをする夜凪を見つめていました。

【アクタージュ act-age】52話の感想と次回53話の予想

ついに舞台「銀河鉄道の夜」の初日が終わってしまいました。

初日から監督は倒れるわ、急なアドリブが入るわ、予想外の演技をし始めるわで波乱の思い出しかない今回の章の完結。

いろいろあっただけに感慨深く思います。

しかしその分、役者たちの成長をゆっくり見ることができてとても感動しました。

実際に彼らが演じる舞台を見てみたいとさえ思います。

次回は新しい章が始まり、新星となった夜凪の活躍が見れると思います。

次は新しいキャラクターも登場するのでしょうか?

とても楽しみです!!

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪