Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アクタージュ

【アクタージュ act-age】50話:初めて見た巌の寂しげな横顔が…ネタバレ&感想

【アクタージュ act-age】49話のおさらい&見どころ

舞台「銀河鉄道の夜」の最終幕の最中、阿良也は監督、巌と出会ったころのことを思い出します。

幼い頃に巌にスカウトされ、特に行く場所もなかったから稽古場に出入りしていたが、役者という仕事にはまるで興味がなかったと言う阿良也。

ゲームセンターの格闘ゲームで勝ったら稽古に出ろと言い、

「お前は役者になりたいんだ」

と諭す巌。

何故自分に絡むのか分からず、他の役者たちに問いますが、役者たちも巌の阿良也への執着は異常だと評します。

そして稽古場に現れた星アリサは巌からのオファーを断り、阿良也とすれ違う瞬間、

「役者はやめておきなさい」

と言います。

阿良也は鳥肌が立ち、あれが役者、と笑顔を浮かべます。

 

【アクタージュ act-age】50話のネタバレ&サプライズ

星アリサに「役者はやめておきなさい」と言われ、鳥肌を立てて笑顔を浮かべる阿良也。

屋台のようなところで巌は、星アリサを昔の女だと呟きます。

何したらあんな殺意を昔の女に向けられるものなのか、と問う阿良也に、昔の女は冗談だよ、と巌は言います。

昔、俺の舞台に立った元女優だと説明する巌に、

「元女優をキャスティングしようとしたの?相変わらず見境ないな、俺といい」

と呆れる阿良也。

「ああ…傲慢だった。今の俺なら償えると思っちまったんだ、舞台の上で」

と寂しそうに言う巌に、阿良也は初めて見た横顔だったと言います。

償いについて問おうとした阿良也を遮って、巌は屋台を後にしようとします。

話の途中だと言う阿良也に、酒も飲めないガキと飲むほどつまらんもんはなかったな、と巌は言います。

阿良也はなぜそうしたのか自分でもよくわからない、元々はあの女について知りたくてここに来たはずだった、と思いながら、巌の残した酒をグビッと呷りました。

慌てる巌に、

「酒くらい飲める!だから」

と言いかけ、バタンと倒れる阿良也。

飲めねーじゃねーか!!と慌てる巌。

夜空を見上げると三日月が昇っていて、その三日月に銀河鉄道が走っていくのが、阿良也には見えました。

目をあけながら、昔の夢を見た、という阿良也は、小学校に通っていた頃を思い出しました。

「ジョバンニはああと深く息しました。『カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねぇ』『どこまでもどこまでも一緒に行こう』」

銀河鉄道の夜を朗読する小学校先生の声に、阿良也は聞き入っていました。

熱心に聞いていたから続きを読んでとあてられた阿良也は、隣の席の女の子から「3行目だよ」と教えられ、「分かってる」と返しますが、教科書を見て固まってしまいます。

隣の席の女の子が「阿良也君具合が悪いみたいなので代わりに私が」と言うと、阿良也は女の子の髪を引っ張っていて、悲鳴が上がります。

「どうしてか子供の頃から文字というものが頭に入って来なくて、どうしてか昔から皆と違うところで怒ってしまっていつも悲しい気持ちだった」

と独白する阿良也。

女性と口論になったり、巌のところの役者たちと喧嘩になったりして、それを嫉妬と評したことを思い出し、「俺のこれも嫉妬じゃないか」と気付きます

「俺が役者になる。だからあんたは俺だけを見ていればいい」

だから、それでいいだろ、と、阿良也は倒れながら巌に言います。

はははは、と笑う阿良也に巌は「笑い上戸か」と言い、阿良也は今なら女の役も演じられそうだと思って、と言います。

星アリサと何があったのか、何を償いたかったのかを聞くのはやめた、と阿良也は言い、自分が巌の一番になれさえすれば全部済むと思ったと言います。

なのに、と巌の背中にてを伸ばし、まだこれからなのに、と星アリサの後ろ姿を思い出します。

ジョバンニ(阿良也)はカムパネルラ(夜凪)の腕を掴んでしまい、他の役者たちは「阿良也」、と心配そうに見守ります。

「いやだ」というジョバンニをカムパネルラは冷たい目で見おろし、自分の死を使ってここまで引き出すか、と巌に戦く墨字。

星アリサは千世子に、芝居に溺れた人間の行く末をよく見ておきなさい、と言います。

「巌裕次郎。あなたは“私のとき”と何も変わっていない。観客を魅了する、芝居を超えた芝居。それと引き換えに、あなたはきっとその芝居(かんじょう)から帰って来れない―」

ジョバンニはカムパネルラの腰に縋りつき、阿良也は目を見開いて呆然とします。

「だから言ったのよ。役者はやめておきなさいと」

と、星アリサは言いました。

【アクタージュ act-age】50話の感想と次回51話の予想

今回もとても綺麗な絵と心に響く言葉選びで魅了されました。

ジョバンニとカムパネルラが引き剥がされるシーンが長すぎるかな?と思いましたが、それだけ丁寧に巌との関係性と阿良也の葛藤を描いていますので、惹き込まれます。

キャラクターの表情のひとつひとつが美しくて本当に好きです。

次回は舞台が進行し、カムパネルラとジョバンニの別れの場面へと進んでいくのだと思います。

そして巌の容体、亡くなるまでに役者たちは巌に会えるのか、次回も期待しています。

夜凪ならば、しっかりと役者たち、そして阿良也を救ってくれると信じたいです。

ABOUT ME
まりりん
マンガ大好き女子です! 週刊少年マガジンやサンデーの最新話を爆読みして ネタバレ&感想を書いています♪